投稿

安川電機、ファーウェイへの機器納入停止で収益にダメージ

ファーウェイ(為華華為)事件の影響が色々出てきているようだ。
華為、安川電への全発注を凍結 2018年12月13日 18:57(アップデート 2018年12月13日 20:27)
安川電機の小笠原浩社長はブルームバーグとのインタビューで、設備に対する全ての発注が一旦停止されていると述べた。
安川電機は、為華華為の複数の工場向けに産業用ロボットを供給している。
安川電機といえば、サーボモーターやインバーターなのだが、産業用ロボットも作っている。というか、超有名メーカーだ。
日本で産業用ロボットといえば、安川電機の他に、デンソー、ファナック、ダイヘン、不二越、パナソニック、三菱電気、川崎重工、ヤマハと、色々あるのだが、6軸に拘らなければもっとある。
そんな中でも安川電機は大手の産業用ロボットメーカーで、海外展開にも力を入れていたと思う。
年度、全体で4485億円に上った安川電機の収益のうち、23%が中国からのものだった。同社は、個別の顧客ごとの割合を示していない。 で、支那にも産業用ロボットを輸出していたんだけど、為華華為向けのロボットの納入が止まっちゃったという話のようだ。
安川電機の去年の収益の内23%が為華華為向けだというから、驚いてイイやら呆れてイイやら。で、そんな状況で、為華から「発注していた産業用ロボット、必要無くなったから」と、言われてしまっては、嫌がらせ以外の何ものでも無い。
安川電機の社長の発言を引用したのがこちらの記事だ。
華為の設備投資、「いったん凍結」と安川電社長-CFO逮捕で 2018年12月13日 12:40 JST 更新日時 2018年12月14日 8:34 JST
 華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件で、同社と取引がある安川電機は、ファーウェイ内の設備投資が一時的に凍結されているとみている。
 12日に取材に応じた安川電の小笠原浩社長が、同社の中国駐在担当からの情報として明らかにした。小笠原社長は「ファーウェイの設備投資がいったん凍結されている」とした上で、「中がひっくり返したようになっていて、いろいろな設備案件をいったん全て止めて、中を整備している状態」と聞いていると説明した。
 ファーウェイの広報担当者は、機器調達の決定は数カ月前に行われていると述べた。同社は設備投資の一時凍…

韓国型ヘリ「スリオン」、輸出に失敗

築27年のビルが崩壊寸前?!ソウルで立ち入り禁止騒ぎに

ファーウェイの排除は唐突に行われたのか?

【チャイナリスク】支那、カナダ元外交官を拘束する

【政府支援】大宇造船が海軍新型潜水艦救難艦を受注

韓国の脱線事故は人災

マクロン氏の失策とフランス経済への大打撃