投稿

一票の格差とは、本当に是正されるべきなのか?

さて、本日はあまり時間がとれない事もあって、記事が上手くまとめられなかったのだけれど……。ご容赦願いたい。
先日、議員定数を6増やす法案が可決された。
参院6増法が成立 自民、約束守らず強行 2018年7月19日 朝刊
 参院選の「一票の格差」是正に向けた選挙制度改革を巡り、自民党が提出した定数六増を柱とする公職選挙法改正案は十八日の衆院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立した。今国会の会期末が二十二日に迫り、与党が採決を強行した。来夏の参院選から適用される。改正法は自民党がかつて約束した「身を切る改革」と「選挙制度の抜本的な見直し」をほごにする内容。野党は衆院の全会派が反対し「党利党略の極みだ」などと反発している。
これに対して、野党やメディア各社は一斉に噛みついている。「約束破りだ」と。

この改正法に関しては、何やらおかしな内容も付随している。
 参院議員定数は現行の二四二から二四八に増える。選挙区では「一票の格差」縮小のため、議員一人当たりの有権者数が最も多い埼玉選挙区の定数を二増。比例代表は掲載順に当選者を決める「拘束名簿式」を一部に導入し、定数を四増する。参院の定数増は沖縄の本土復帰に向け、一九七〇年に沖縄選挙区の新設で二増したのを除けば戦後初。 ここで「拘束名簿式」を一部に導入するというおかしな話が出ているのだ。
参議院比例区では「非拘束名簿式」の選挙が取り入れられているが、かつては拘束名簿式の投票法も採用されていた時代があった。拘束名簿式だと、有権者は政党名でのみ投票ができる。非公式名簿式は、有権者は政党名でも立候補者氏名でも投票が可能になる。
「非拘束名簿式」でも「拘束名簿式」でも「名簿」と呼ばれる順位の定められたリストが作成される。そして、得票率の多い政党が順にリストの上から議員を当選させていくというような形となる。詳しい説明は割愛するが、「政党に投票する」という形になるのが「拘束名簿式」だと理解すれば良いだろう。

ただ、「拘束名簿式」では、リストを政党が作成するので、有権者は投票したい候補に投票することができないというデメリットが発生する。狙った候補とは異なる議員が当選してしまう形になるのだ。




で、今回に限らず、こういった定数是正の法案を通す背景には、「一票の格差」ってヤツがある。
参院一票の格差、最大3.087倍 住基台帳から試算 20…

アメリカと支那との対立と、習近平体制の揺らぎ

韓国軍の艦対艦ミサイル「海星」、現地テストに失敗

北朝鮮が日本に「金で解決できると思うな」と吠える

スリオン海兵隊版「マリンオン」が墜落

F2の後継機の話が色々と騒がれはじめる

安保理決議に反して北朝鮮産石炭を流通させる韓国

【西日本豪雨】行き届かなかった避難指示