投稿

スイスで中止された人体標本展

考えるだにおぞましい話だが、支那はコレを未だ諦めていなかったんだな。
スイス、人体標本展を中止「法輪功学習者の可能性」倫理団体から苦情 2018年10月18日 12時37分 大紀元時報
スイスのローザンヌで10月19日から開かれる予定だった人体標本展について、市当局は中止を決めた。倫理団体は、展示遺体が法輪功学習者を含む中国の囚人である可能性が高いとして、苦情を申し立てていた。 先に断っておくが、お食事前の方はこの記事を読むのを止められた方が良い。食直後にもオススメ出来る記事では無い。そっとブラウザのタブを閉じて頂ければ幸いである。一応、この記事では写真などを引用することも控えることとする。

【サウジ】在トルコ総領事館での殺人事件が落とす影

日本は支那とのスワップ協定を必要としない

【築地の亡霊】築地跡地で買い物ツアーが続く日本

軽減税率に反対する

【韓国陸軍】まだM48戦車が現役

【韓国陸軍】K2戦車納品遅延で

予定通りロケットの発射を延期