投稿

揺れる沖縄、翁長氏の死去で早まる選挙戦

先ずはご冥福をお祈りしたい。
沖縄・翁長雄志知事が死去、67歳 がんが肝臓にも転移 2018年8月8日19時43分
 膵(すい)がんを公表し治療を続けていた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が、沖縄県浦添市内の病院で死去した。67歳だった。任期満了に伴う知事選は11月18日に予定されているが、前倒しされる見通し。葬儀の日程などは未定。
琉球王を目指していた翁長氏ではあるが、膵癌によって蝕まれ、亡くなられてしまった。
翁長沖縄県知事が「意識混濁」 副知事が職務代理2018/8/8 17:07 沖縄県の謝花喜一郎副知事は8日、県庁で記者会見し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、療養しながら公務を続けてきた翁長雄志知事の職務代理者を置くと発表した。翁長氏の体調について謝花氏は「昨日から徐々に意思決定に支障を来し、意識が混濁している」と説明した。 意識混濁の報道から、間がなかっただけに、そうとう悪くしていたのだろうとは思う。

最近は、相当お痩せになっていただけに、体調を心配はしていた。翁長氏とは思想信条は相容れないし、売国に汲々としていた様子は聞いていて痛ましくなる程であったが、多分、沖縄のために努力はされた……、されたのかな?
何にせよ、死者に鞭打つつもりはない。

ただ、代行として副知事が知事の職務を務められるようだが、今後、沖縄行政がどうなるのかは、分からない。


反日、反基地の旗頭になっていた翁長氏だが、しかし、病気を患っていることが発覚してからは、その求心力を失っていて、11月に予定されている選挙には出られないとも言われていた。
沖縄知事選 自民、保守一本化探る 宜野湾市長擁立へ 安里氏も表明 会員限定有料記事 毎日新聞2018年7月4日 東京朝刊
 自民党沖縄県連は、沖縄県知事選(11月1日告示、同18日投開票)で佐喜真(さきま)淳宜野湾市長(53)を擁立する方針を固めた。翁長(おなが)雄志知事(67)を支える「オール沖縄」体制がほころび始めたとみて、県政奪還を目指す。ただ、保守系で元日本青年会議所会頭の安里(あさと)繁信氏(48)が3日、知事選への立候補を表明したため、自民党は保守分裂選挙の回避へ一本化を探っている。 そんな中で自民党が候補を擁立しようと頑張っていたのだが、どうやら複数の保守系の候補が立候補するようである。
沖縄県知事選2018:自民選考委「すべて佐喜…

野田聖子とGacktコインの闇

戦後歴代最低の総理大臣は?

借金漬けの支那が報道される

文在寅氏の側近取り調べへ

複合小銃K11、ついに戦力化中止か?

貿易戦争で、早くも支那の敗色が濃厚

カンボジアのフン・セン政権、選挙で圧勝