2010年12月28日火曜日

硫黄島での収骨予算増額に思う

民主政権で、ちょっと好感を持つ政策が出たのは、政権始まって以来始めてなんじゃないか?と思うほど、酷い政策が続いていた。
が、硫黄島での遺骨収納事業の費用を拡大する、という今回の決定だけは一応支持はしたい。
とはいえ、色々思う事はあるのだが。

2010年12月27日月曜日

ある意味当然なアメリカの対応

沖縄負担軽減に関して、アメリカから手厳しい回答があったようだ。
当たり前である。基地移転に関して約束をしていたにも関わらず、掌を返して「移転は出来ません」とかいう話になっているのだ。

2010年12月22日水曜日

更に広がる韓国での口蹄疫

流石に韓国はお隣の国だと言うこともあって、本件では農水省も神経をとがらせている模様。
まー、当然だよね。
地図
リスト

次女の特権?

最近は政治ニュースに突っ込みを入れてばっかりで、ちょっと疲れてしまったので久々にお家の話でも。

おとーさんの家の子供達はどちらかというと女性陣の方が優勢のようで、息子のターくんは今後も苦労させられそうである。

特に、元気爆発の次女には最近色々な意味で手を焼いている(苦笑

こういう案は、国政に居るときにしてくれよ。

最近は水面下で動いているのか一向にニュースに登場しない自民党だが、これはマスコミが意図的にやっているのか、本当に活動していないのか、よく分からない。
お世辞にも自民党時代は良かった、とは言い難いが、今の国政よりはかなりマシであったと思う。
その自民党が公約に集団自衛権の行使を可能とする案を盛り込むという話が聞こえてきた。

謝罪と賠償を求めるアル!!

凄い論理構成だな、と、最近の中国の姿勢をみるにつけ、感心してしまう。

中国、漁船沈没で韓国に損害賠償請求

 中国外務省の姜瑜報道官は、黄海で中国漁船が韓国の警備艇に体当たりして沈没した事件について、韓国側に損害賠償を要求したことを明らかにしました。
「韓国に対し、行方不明の船員の捜索と当事者の厳罰、さらに損害賠償を求めた」(中国外務省・姜瑜報道官)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4606888.html

2010年12月21日火曜日

広がる韓国での口蹄疫

日本国内での口蹄疫の広がりの時もおとーさんは、逐一情報を追っていたが、お隣の国韓国でも他人事ではない。

首都圏に広がる口蹄疫、京畿道・高陽でも感染



【ソウル20日聯合ニュース】京畿道・高陽でも口蹄疫(こうていえき)感染が確認された。農林水産食品部は20日、高陽市一山東区の韓牛(韓国在来種のウシ)農家1戸で口蹄疫感染の疑いがあり、精密検査した結果、陽性判定が出たと明らかにした。この農家では韓牛53頭を飼育している。

2010年12月20日月曜日

埋蔵金とは将来を人質にすること?

なんというか……、民主党の言う埋蔵金というのはこれのことだったんですね。

予算の不足財源に外為特会、運用益3兆円見込む

 財務省は18日、為替介入に使うお金を管理する「外国為替資金特別会計(外為特会)」が保有する米国債などの運用益(剰余金)を、2011年度予算の財源として活用する方針を固めた。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101218-OYT1T00399.htm

ヒーロー再び?

当然どこかで同じ性格の事件が起こることは予測できていたが、お隣の国の方が先だとは思わなかった。

中国漁船、韓国艇に体当たり=沈没し2人死亡・不明

【ソウル時事】黄海の韓国排他的経済水域(EEZ)内で18日、韓国海洋警察庁の警備艇が違法操業していた中国漁船を取り締まろうとしたところ、漁船が警備艇に体当たりして沈没、漁船の乗組員1人が死亡、1人が行方不明になった。乗組員に暴行され、同庁側にも負傷者が出た。
同庁などによると、現場は韓国中西部の於青島の北西約130キロ沖。良好な漁場で、以前から中国漁船の違法操業が絶えず、当時も約50隻が漁をしていたという。
警備艇の海洋警察官が1隻の漁船に乗り移ろうとしたところ、乗組員が抵抗し、鉄パイプやこん棒などで殴り掛かった。この際、警察官4人が腕の骨を折るなどのけがを負った。漁船はさらに警備艇に体当たりして沈没、乗組員10人全員が海に投げ出された。
聯合ニュースによると、韓国では11月29日にも済州島沖で、警備艇が中国の違法操業漁船を検問しようとした際に、乗組員の暴行を受け、海洋警察官6人が負傷する事件が起きている。
韓国外交通商省は、中国政府に対し、死者が出たことに遺憾の意を伝えた。中国側は必要な協力をすると応じたという。(2010/12/19-00:07)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010121900003
どこぞの船長はピースサインで専用機に乗って帰国していったが、今回はどうなんだろう。

2010年12月17日金曜日

名古屋のリコール騒ぎ

何だかんだと、騒いでいたが、結局リコールは成立してしまった名古屋市議会を解散を問う住民選挙だが、今後の展開は実に不透明だ。

リコール成立 議会はどう応えるのか 12月17日(金)

 名古屋市議会を解散するかどうかを問う住民投票が一転して行われることになった。
 解散を求める住民の直接請求(リコール)の署名で、いったんは無効とされた一部が、市選挙管理委員会の再審査で有効に変わったためだ。
 住民投票は来年2月に行われる。市議会はそれまでの間、議会の役割と改革姿勢を丁寧に市民に伝えることが求められる。
 他の地方議会にとっても対岸の火事では済まされない。来春に統一地方選が控える。各地で議員の存在意義があらためて問われることになるだろう。
 リコールは、河村たかし市長と支援団体が主導した。市長は自らも辞職し、出直し市長選に立候補することを表明した。

http://www.shinmai.co.jp/news/20101217/KT101216ETI090003000022.htm

おとーさんには直接関係無い話なのだが、名古屋の河村たかし氏といい、鹿児島県阿久根市の竹原信一氏といい、市長の器なのか?というのははなはだ疑問である。

又、たかる気なんだ

子供手当という奴が、どんなに歪なモノなのかは、財源に相当無理しているという状態だけでも分かるというものなのだが。

子ども手当財源、地方団体から批判続出

読売新聞12月16日(木)20時30分
 全国知事会の麻生渡会長(福岡県知事)ら地方6団体の代表は16日、総務省で片山総務相と会談し、子ども手当の財源について、扶養控除の見直しなどで生じる地方の増収分を充てるべきでないと申し入れた。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1216/ym_101216_4857101310.html
確か、「一時的に地方団体からお願いする」ってそう言う話だったはずだ。
ところがところが、「児童手当分」は負担してくれとか、「扶養控除の見直しなどで生じる地方の増収分を充てる」だとか。
 
財源無いから無理して徴収するより、今の制度の形を無理がない形に直す方が先決だと思うんだけど。
 
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2010年12月15日水曜日

最近は

おとーさんがこのブログを始めた頃には、おくちゃまの悪阻(つわり)もかなり酷い状態にあったので、おとーさんにあたることも多かったのだが、最近はそれ程きつくあたられることも少なくなった。

2010年12月14日火曜日

指導員不在のまま仮免で運転しないでください。

よくもまあ、ヌケヌケとこういう発言ができるもんだと、感心するよおとーさんは。
首相「今まで仮免許。これから本免許」 支援者と会合
2010/12/13 11:01
 菅直人首相は12日夜、都内で開いた支援者との会合で「首相に就任し今までは仮免許だった」と半年間の政権運営を振り返った。そのうえで「これからは本免許。皆さんの支援をもらって羽ばたいていきたい」と述べ、来年1月召集の通常国会に向けた意欲を示した。
 会合には国会議員や都議、地元の支援者ら約500人が集まった。首相は「これまでは色々なことに配慮していた。これから本領発揮で自分のカラーを出していきたい」とも語った。
 首相は10月の臨時国会冒頭の所信表明演説で「政権を本格稼働させる段階に入った」「有言実行内閣の出発だ」などと訴えていた。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E3E1E2E2978DE3E1E3E0E0E2E3E29C9CE2E2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000
「有限実行内閣」が笑わせる。
この半年間一体何を実行したというのか?


ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2010年12月13日月曜日

言ってみただけ

民主党政権はこんなんばっかりであるが、最近ニュースに突っ込みを入れるのも飽きてきた。

菅首相:半島有事に拉致被害者の救出方法検討

 菅直人首相は10日夜、北朝鮮による拉致被害者家族との会合でのあいさつで、砲撃事件による緊張関係に触れつつ「万一の事態でも、北にいる拉致被害者をいかにして救出できるか、いろいろな事を考えておかねばならない」と述べ、朝鮮半島有事の際に、北朝鮮国内で所在不明の拉致被害者の救出方法を検討する考えを示した。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101211k0000m010099000c.html

息子にも虐げられるの巻

子供は純粋なので、思っていることを口にする、そう言うことは理屈では分かっている。

でも、やっぱり時々その言葉でショックを受けることはおとーさんにもあるのである。

今朝もそんな感じの出来事があった。

嘘はついても構わない?

国会答弁で嘘がまかり通るなら、その答弁は誰も信用しないことになると、おとーさんは思うのだけれど。
どういうつもりなんだ?

国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」 政府答弁書が無責任に…

2010.12.10 12:22
 政府は10日の閣議で、閣僚が国会で虚偽答弁を行った場合の政治的・道義的責任について「答弁の内容いかんによる」とし、必ずしも責任は問われないとする答弁書を決定した。自民党の森雅子参院議員の質問主意書に答えた。先の臨時国会では、仙谷由人官房長官をはじめとする閣僚の虚偽答弁が追及された。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101210/plc1012101227012-n1.htm
閣僚の嘘はOKだと?
もはや誰も信用していない仙谷内閣だが、菅総理以下ロクでもないのが揃っている現状ではこうした答弁がされるのも仕方がない事なのか。「答弁の内容いかんによる」とか言っても、判断するのは政府なのだろう?だったら、どんな嘘もつき放題って話になりかねない。
虚偽の答弁で責任が問われるとしたら、すべての答弁に責任を取らなければならなくなるわけだ(笑
 
……書いてて虚しくなるな。

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

2010年12月10日金曜日

どうやら

WLWとの連携に障害発生?という記事を書いたが、早速怪しい設定を発見した。

投稿の際に使用するエディタの下の部分に「文字の確認」というコマンドが出るようになってしまったのだ。

WLWとの連携に障害発生?

Windows Live Writerを使って記事を書いている話は以前からしているのだが、ここのところちょっと問題が。
大した話ではないのだけれど、WLWの「テーマの更新」が出来ないのである。

2010年12月9日木曜日

増税するって

なにか、マニフェスト(笑)には、4年間増税しません!とか、「国民の生活が第一」とか、そんな話が出てた気がするんだけど。

環境税、来年10月導入へ…政府税制調査会

読売新聞 12月8日(水)23時15分配信
 政府税制調査会は8日、2011年度税制改正で創設する地球温暖化対策税(環境税)について、11年10月から導入する方針を決めた。
国内外の景気の先行きに不透明感が残る中、企業や家計の急激な負担増を避けるため、3~5年間かけて税率を段階的に引き上げる。
政府税調は新税の税収規模について、今の石油石炭税の税率を約5割引き上げて約2400億円とする方針だ。ただ、年度途中からの導入で税率も当初は抑えるため、11年度の税収は最大でも800億円程度にとどまる見通しだ。
経済産業省の試算によると、最終的に標準税率まで引き上げた場合、ガソリンや軽油、灯油の価格は1リットルあたり0・79円上昇する。また、標準世帯で、1か月に電気代で34円、都市ガスの料金で10円、LPガスの料金で8円の負担増となる。

最終更新:12月8日(水)23時15分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00001085-yom-bus_all
何がしたいんだよ!民主党は。


2010年12月8日水曜日

「死の商人」の何がいけないのか?

社民党の方々はおメデタイ脳味噌をお持ちなので、心から羨ましいのだが、政治の表舞台には出てきて欲しくないというのが正直なおとーさんの感想である。

武器輸出なら日本は「死の商人」…福島氏先鋭化

読売新聞12月8日(水)15時44分
 菅首相から政権運営への協力を求められた社民党の福島党首が安全保障政策に関する主張を先鋭化させている。
 政府・民主党内では、社民党に政権運営を再び振り回されることに警戒感が広がる一方、「社民党の協力がなければ菅政権は持たない。しばらくは我慢だ」(政府筋)といった声も出ている。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1208/ym_101208_0505113084.html
確かに「死の商人」という言葉のイメージは悪い。

2010年12月7日火曜日

おこちゃま手当

民主党がやっている政策は基本的によく分からないものが多いのだが、子供手当なるもその1つである。まあ、よく分かる政策が見あたらないので、どれもこれも、ってな話にはなるわけだが、それはひとまず置いておく。
で、おとーさんは、この子供手当には反対である。

生活発表会的な話

娘達を保育園に通わせているので、生活発表会的なイベントもやってくる。
世の中には「争いはダメ」とか言いながら、運動会はみんなで手を繋いでゴールとか怖い光景を量産してしまう保育士さんも多いようで、そう言う意味では劇も期待して良いのか良くないのか。

2010年12月6日月曜日

腸大変なことに

更新が滞りがちだったのが、おとーさんの金曜日は地獄の苦しみだったのである。
なんと、15時頃から急にお腹が痛くなって、上からも下からもorz
仕事どころではなくなってしまった、早々に家に引き上げることにしたのであった。おとーさん的には、胃腸は丈夫な方だと思っていたのだが、15時から17時までに3回も吐けば、胃腸風邪かノロ、ロタを疑わざるを得ない。

2010年12月2日木曜日

国産神話

国産の食品をありがたかる風潮は、例の冷凍餃子事件以降、かなり顕著になってきたような気がする。
でも、「国産」の表示があるからって、安心はできないのが世の中の世知辛いところ。

朝から……

今日も朝からやらかしてorz
おとーさんは結構凹み気味である。
切り替えて仕事をしなきゃいけないことは分かっているんだけれども、おくちゃまと喧嘩をするとどうしても……。
あ~う~orz
何が悪かったか?といえば、簡単な話でお互いの認識不足が問題なのだが、一方的に切れられると、凹む。

2010年12月1日水曜日

行ってこれば?

この手の愚痴は久しぶりのような気がする。
おとーさんは何と言うか本人的にはMでは無いと思っているのだが、こう言うことが続くとマゾに目覚めてしまうのではないのか?と、しょーもないことを考えてしまうわけで。
おくちゃまのおとーさんに対する態度は、日増しに酷くなっているような……。