2010年12月13日月曜日

言ってみただけ

民主党政権はこんなんばっかりであるが、最近ニュースに突っ込みを入れるのも飽きてきた。

菅首相:半島有事に拉致被害者の救出方法検討

 菅直人首相は10日夜、北朝鮮による拉致被害者家族との会合でのあいさつで、砲撃事件による緊張関係に触れつつ「万一の事態でも、北にいる拉致被害者をいかにして救出できるか、いろいろな事を考えておかねばならない」と述べ、朝鮮半島有事の際に、北朝鮮国内で所在不明の拉致被害者の救出方法を検討する考えを示した。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101211k0000m010099000c.html

息子にも虐げられるの巻

子供は純粋なので、思っていることを口にする、そう言うことは理屈では分かっている。

でも、やっぱり時々その言葉でショックを受けることはおとーさんにもあるのである。

今朝もそんな感じの出来事があった。

嘘はついても構わない?

国会答弁で嘘がまかり通るなら、その答弁は誰も信用しないことになると、おとーさんは思うのだけれど。
どういうつもりなんだ?

国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」 政府答弁書が無責任に…

2010.12.10 12:22
 政府は10日の閣議で、閣僚が国会で虚偽答弁を行った場合の政治的・道義的責任について「答弁の内容いかんによる」とし、必ずしも責任は問われないとする答弁書を決定した。自民党の森雅子参院議員の質問主意書に答えた。先の臨時国会では、仙谷由人官房長官をはじめとする閣僚の虚偽答弁が追及された。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101210/plc1012101227012-n1.htm
閣僚の嘘はOKだと?
もはや誰も信用していない仙谷内閣だが、菅総理以下ロクでもないのが揃っている現状ではこうした答弁がされるのも仕方がない事なのか。「答弁の内容いかんによる」とか言っても、判断するのは政府なのだろう?だったら、どんな嘘もつき放題って話になりかねない。
虚偽の答弁で責任が問われるとしたら、すべての答弁に責任を取らなければならなくなるわけだ(笑
 
……書いてて虚しくなるな。

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ