2011年1月27日木曜日

韓国口蹄疫対策費枯渇

この韓国の口蹄疫情報は、日本にはあまりニュースとして入ってこないようだが、かなりヤバイレベルに達している。
毎回、同じようにヤバイヤバイとおとーさんは言い続けているので、少々飽きてきた感はあるが、そんなことにはお構い無しで過酷な現実は続いている。
韓国で口蹄疫の感染拡大、272万頭超処分
< 2011年1月26日 12:31 >
 韓国では、鳥インフルエンザに加えて、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の感染が全国に拡大し、政府は対策に追われている。
 韓国の鳥インフルエンザは、去年12月に最初の感染が確認され、26日午前8時現在で、鶏など524万羽以上が殺処分された。
 さらに深刻な被害を及ぼしているのが口蹄疫で、2か月でほぼ全土に拡大し、牛と豚計272万頭以上が処分された。特に豚は韓国で飼育されている数の約4分の1にあたり、豚肉価格の値上がりを招いている。
 韓国は来月初めに旧正月を迎え、帰省の「民族大移動」が始まることから、政府は26日朝、談話を発表し、畜産農家の訪問を控えるよう促した。
http://news24.jp/articles/2011/01/26/10174852.html