2011年3月28日月曜日

誰が喜ぶんだよ!!

あー、どさくさに紛れてなんてことを。
上海  285 トン新鮮野菜が日本に緊急輸出
2011年 3月 28日9:05
 東方早報によると、震災で物資供給が不足している日本に向けて、昨今、上海から 285 トンのキャベツを緊急輸出した。
 加工工場は上海星輝野菜有限公司、所在地の奉賢区検験検疫局は特別扱いで検査を速やかに通した。
http://jp.eastday.com/node2/home/xw/sh/userobject1ai58563.html
やめてくれ~~!

信頼の失墜した原発の行方

原子力発電所に関する信頼は地に落ちてしまっている。
しかし、この信頼の失墜は、主に東電と民主党政権によるもので、原子力発電そのもののせいで信頼が失墜した訳ではないと思う。
原子力の安全神話は崩壊したが、未だ原子力発電の有用性そのものは失われては居ないのである。

放射性物質を取り違えか 東電の情報公開、連日混乱

福島第1原発2号機のタービン建屋地下1階にたまった水から検出された放射性物質について東京電力は27日昼、「通常の原子炉の水の約1千万倍の濃度」と発表したが、夜になって「別の物質と取り違えた可能性がある」と訂正。3号機のたまり水に関する26日の発表訂正に続き、情報公開が混乱した。(2011年3月27日 共同通信)
http://www.47news.jp/47topics/e/202734.php
公表するデータまで信用出来ないとしたら、一体何を信じればいいのか?という話である。