2011年4月12日火曜日

レベル7

東電の不始末で福島第1原発の事故は、国際的にレベル7の深刻度になったと、そういう風に判断されたようである。

福島原発事故、最悪の「レベル7」に引き上げ

 経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、原発事故の深刻度を示す「国際原子力事象評価尺度(INES)」の暫定評価を最悪の「レベル7」に引き上げると発表した。
 これまでに放出された放射性物質の量を、周辺で観測された放射線量などから計算した結果、「7」に相当する「数万テラ・ベクレル以上(テラは1兆倍を示す単位)」に達したためだ。
(2011年4月12日11時01分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110412-OYT1T00367.htm
まあ、基準を満たしているのだから、この評価は仕方が無いとして、一般的にレベル7にいる事故と比べられるのが宜しくない。
そう、チェルノブイリである。

google先生、厳しいっす!

某スレで言われていたので、googleで検索してみた。

「管 有能」 > 検索
kan
うわぁ、きっつ~。