2011年7月12日火曜日

埋蔵電源(笑)なんて信じてるのか

菅直人の頭の煮え具合はかなりイイカンジらしい。もっとも、それは国民にとってとても不幸なことなのだが。
菅首相、頼みの「埋蔵電力」は使えるのか
経産省は難色も「ちゃんと調べてこい」
2011/7/7 22:00
 菅直人首相は7日の参院予算委員会で、電力需給について「自家発電がどの程度、稼働可能なのかを、経済産業省に点検するよう指示している」と強調した。原発再稼働を取りやめても、使われていない既存発電所や企業が緊急時に備えて保有する自家発電設備をフル活用すれば「電力不足を補える」と首相周辺は期待をかける。
http://ameblo.jp/neko-guruma/entry-10947778647.html
以前、このブログでも指摘していたが(「ネットで拾った怪しい話」)、広瀬隆氏あたりが指摘する許可出力が5380.6万kwもある自家発電設備は、確かにその数字だけ見れば魅力的である。
しかし、これは、「現在稼働している発電設備」ではなく、あくまで届け出されて発電を許可された発電設備なのである。