2011年7月22日金曜日

「脱原発」で分裂気味?

菅直人の「脱原発」は、結局、理想論であり絵に描いた餅だ。そして、言うに事欠いて「個人の感想を述べたまで」って、お前は首相としての自覚があるのか?記者会見で、個人の感想を言う一国の首相がどこにいるんだっつーの。

「脱原発」閣内に亀裂…技術、経済に影響懸念

読売新聞7月22日(金)9時10分
 21日の参院予算委員会では、菅首相が13日に表明した将来的な「脱原発」方針について、関係閣僚から懸念の指摘が相次いだ。
 首相は「脱原発」方針を個人的な見解とは位置づけているものの、発言の正当性を強調する答弁を繰り返し、閣内には大きな亀裂が生じている。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0722/ym_110722_6776710476.html
菅内閣の官僚や、民主党幹部の中でも「脱原発」が可能だと思っている人間はほぼ居ないのだと思う。
体裁的にも言えないのだろうし、現実的に考えれば、他の発電手段を確保できない現状で「脱原発」を唱えてしまうこと自体が、正気の沙汰ではない。

外国人違法献金で紛糾

菅直人が在日韓国人から違法に献金を受け取っていた事件は既に報じられている通りであり、このお金は菅直人が返金した、と主張することで、震災の陰に埋もれてしまった。しかし、それで納得しなかったのが自民党だ。まあ、政敵なので当たり前ではあるが。

自民、外国人献金で首相追及=領収書めぐり一時紛糾-参院予算委

時事通信 7月21日(木)10時38分配信
 参院予算委員会は21日午前、菅直人首相と閣僚が出席し、東日本大震災の追加的な復旧対策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案の総括質疑を行った。首相が、在日韓国人からの献金を返却した際の領収書の提出に難色を示したことに自民党が反発し、質疑は30分余り中断。理事による協議を踏まえ、前田武志委員長が領収書提出の可否を同日夕までに報告するよう首相に促し、質疑は再開された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000033-jij-pol
菅直人は何を渋っているんだ?領収書くらい出せばいい。コピーを見せればそれで済む話である。
それが出せなのには、当然に理由があるのだろう。

早く終了してください

偶然というのは恐ろしい。
あと3日
……いや、ほんと、早く終了して欲しいんだけども。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ