2011年10月17日月曜日

横峰議員は航空クーポン券を不正に受給

どう考えてもこんなのを議員にしておくのは税金の無駄だ。

<横峯参院議員>航空券を過大受給 地方住所変えず

毎日新聞10月17日(月)15時0分

 横峯良郎(民主、比例代表)と平山誠(無所属、同)の両参院議員が、実態と異なる「地方での住所」を参院事務局に届け出て、航空クーポン券の支給を受けていたことが分かった。両氏の事務所は事実関係を認めたうえで、「故意でなかった」と釈明している。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1017/mai_111017_4349064012.html

「故意でなかった」って、どんな言い訳だよ。

 

中国で警察と軍隊が衝突

中国と言えば最近は「爆発」が一番イメージ的に強いのだが、本当に何でもアリの国である様に思う。

中国で人民解放軍と警官隊が乱闘 数百人規模、交番も破壊

2011.10.17 12:41

 中国広西チワン族自治区で15日夜、地元警察と人民解放軍の地元駐留部隊が酒の上のけんかを発端に計数百人規模の乱闘騒ぎを起こし、数人が重傷を負うなど多数の負傷者が出た。香港紙、星島日報などが17日、伝えた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111017/chn11101712440004-n1.htm

ああ、中国の「軍隊」と書いたが正確には「人民解放軍」である。何が違うかというと、「軍隊」は国家の実力組織と定義されているが、「人民解放軍」は、「中国共産党」の軍事部門である。間違っても国の組織ではない。中国の警察(中華人民共和国公安部)が国の実力組織であるので、日本の自衛隊と警察との関係のようにはいかない。

 

TPPの工程表

結論ありきの工程表か。

 

「月内決着」の工程表判明 農業強化策は20日前後 TPP問題

2011.10.13 01:12TPP決着に向けた政府の工程表

TPP決着に向けた政府の工程表

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の参加問題で、政府が月内の決着を視野に入れた工程表を作成していたことが12日、分かった。焦点の農業分野については今月21日に強化策の概要を取りまとめ、関係団体への説明を開始するとしている。早期の意見集約を目指す野田佳彦首相の意向を反映したものだが、与党内にもTPP参加への反対の声は根強く、工程表通りに日程や作業が進むかは不透明だ。

 複数の政府当局者によると、工程表は11月12日からのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での交渉参加表明を前提に、経産、農水、外務など関係省庁が連携して作成した。

 

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111013/plc11101301150000-n1.htm

いやー、APEC首脳会談で交渉参加表明を前提ですか。大分言っていることやっていることが違いますな。

 

IAEAから除染の方針に釘を刺される

まあ、IAEAの言っていることは、とても当たり前の話だな。

過剰な除染「効率低い」 IAEA調査団が助言

2011/10/15 3:01

 日本政府の求めで除染の進め方について助言するため来日中の国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)の調査団が14日、除染で過剰な対応を避けるよう求める報告書をまとめた。そのうえで森林や線量の低い場所での全面的な除染は時間や費用の面で効率が低いとした。

http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY201110140604.html

このブログでも散々言ってきているが、 「1mSv以上の地域全て除染」 など、キチガイ沙汰なのである。5msv以上という範囲でもかなり疑問を感じはするが、1mSv以上とする意味は全く分からない。民主党政権は本当に現実が見えているのか?

 

消費税5%増を公約の安住財務相

どこでそんな議論したんだ?国民どころか政治家すら知らないんだけど。

安住財務相に「安易」批判必至 G20で消費増税“公約”

2011.10.16 22:26
 【パリ=田村龍彦】欧州に債務・金融危機解決のための包括策実行などを求める共同声明を採択し、15日に閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、安住淳財務相は財政健全化の重要性を強調し、日本の消費税率を10%に引き上げる法案について、来年に国会提出、成立させる考えを表明した。消費増税を国際公約した形だが、増税反対勢の説得材料は少ないうえ、前提である経済成長の道筋も未完成で、安易な公約との批判を受けるのは必至だ。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111016/fnc11101622290005-n1.htm
個人的に消費税増税について反対する立場ではない。何れは上げる必要があるだろうと、そうは思っている。ただし、単に増税するだけでは足りないとは思っているが。
しかし、それとこれとは話が違う。
民意を問わずに勝手に海外で約束をしてくるのは、鳩山氏や管氏、前原氏もお得意だったが、約束は守れた試しはない。日本の政治家は約束を守らない、というイメージが定着するのはもはや時間の問題か?