2011年11月9日水曜日

「マルチ」山岡氏が集中砲火を浴びて火だるま

何というか、こんな人を閣僚にした野田氏の見識を疑うわけだが。

自民「問責閣僚」ロックオン まずは「マルチ」山岡氏

2011.11.8 22:05 [自民党

 自民党が8日の衆院予算委員会で「問責閣僚」のあぶり出しに入った。標的としてロックオンしたのは、マルチ商法業界との関係が取り沙汰される山岡賢次国家公安委員長(消費者担当相)。今国会での問責決議案提出も視野に入れる。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111108/plc11110822070023-n1.htm

山岡氏が問責決議されるのは大歓迎なのだが、 「そんなことばっかりやって」 との批判が挙がるのは、自民党としては避けたいところだろう。記事はそのように誘導している様に感じたが。

 

TPP交渉参加に閣議決定は必要なしらしい

このニュース、昨日目にした時は、「この官房長官は何寝言を言ってるんだ」とスルーしていたのだが、お邪魔させていただいているブログで、噛みついていらっしゃった(失礼)この件に関して問題提起されていたので、尻馬に乗って取り上げてみた。

藤村氏:TPP交渉参加に閣議決定は必要なし、米は協力約束-会見

11月7日(ブルームバーグ):藤村修官房長官は7日午後の会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加については、閣議決定は必要ないと述べた。また、米政府は日本のTPP交渉参加に協力すると公式に言っているとも指摘した。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=a3Tw_UiyoOrk
内閣官房長官といえば、総理大臣の女房役だ。今回のこの会見は、野田氏がTPP交渉参加に前のめりなので、援護射撃をした、という構図なのだろう。