2011年11月23日水曜日

次世代戦闘機に立ちこめる暗雲

日本の次期主力戦闘機FXの選定期限は、年末であるので、今まさに選定作業に大わらわ、という状況だろう。ところが、アメリカでもF-35の調達に不安の声が上がっている。

次世代戦闘機F35調達「予算に問題」 検討必要と米軍高官

2011.10.14 12:07 [米国

 米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長は13日、次世代ステルス戦闘機F35開発をめぐり、米軍が3つの異なる仕様のF35調達を計画していることに関し「国防予算上の問題を生じさせる」と述べ、十分な検討が必要との認識を示した。下院公聴会で証言した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111014/amr11101412090004-n1.htm

F-35は、日本のFXの最有力候補であるが、アメリカの動向如何によっては、日本の選定作業にも影響必至だろう。

 

自民党もTPP参加には前向き

どうもよく分からないが、自民党もTPPには前向きであるらしい。

話し合い解散に言及=TPP、交渉参加を―自民幹事長

自民党の石原伸晃幹事長は22日、福岡市内で講演し、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加問題に関しては、「世界の目は間違いなく、日本はTPPに入ってくるとみている。(交渉参加に)反対という議論だけでこの問題は乗り越えられない」と指摘。その上で「日本の置かれている現状を各界で共通認識にして、守るべきものは何かを決めていかなければいけない」と述べ、交渉参加を前提に議論すべきだとの考えを示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111122-00000122-jij-pol

>(交渉参加に)反対という議論だけでこの問題は乗り越えられない

は?外堀埋められたから、降伏しますってか?本音で喋ったらどうなんだ。

 

朝霧住宅建設中止

どうにもよく分からない結論だな。

<国家公務員宿舎>朝霞住宅建設中止で最終調整 政府

毎日新聞 11月23日(水)2時30分配信

 政府は22日、埼玉県朝霞市で計画している国家公務員宿舎「朝霞住宅」の建設を中止する方向で最終調整に入った。公務員宿舎を巡っては、「5年で15%強削減する」としている現行計画の上乗せを迫られている。財政難で宿舎批判が強まる中、「象徴的な位置づけの朝霞は中止せざるを得ない」(与党幹部)との判断に傾いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111123-00000005-mai-pol

色々な考え方はあって良いと思うが、 「象徴的な位置づけの朝霞は中止せざるを得ない」 って、パフォーマンスかよ。

 

韓国国会FTAで催涙弾

いつもながら、お祭り騒ぎが好きな国だ。

韓国国会、米韓FTAを批准 強行採決で催涙弾飛ぶ大混乱に

2011年11月22日 18:24 発信地:ソウル/韓国

【11月22日 AFP】韓国国会は22日、抗議する野党議員の投げた催涙弾が議会で爆発した数分後、米韓自由貿易協定(FTA)の批准案を可決した。
 与党は22日、野党の不意を打って突然の本会議を開会。賛成151、反対7で批准案を可決した。採決の様子はテレビで生中継された。

http://www.afpbb.com/article/politics/2842076/8119838

このFTA批准を巡っては、かなり揉めていた韓国国会だが、強行採決に踏み切ったようである。

前回2007年頃も、批准案を作るにあたって大型ハンマーやバールのようなもの、消火器、チェーンソーなどが登場していたらしいが、今回は催涙弾だったようだ。