東京の11区が自衛隊の防災演習を拒否

うわぁ、頭が沸いているとしか思えない。

「迷彩服を区民に見せるな」 自衛隊の防災演習、東京の11の区が庁舎立ち入り拒否

2012.7.23 01:07

 16日夜から17日午前にかけて行われた陸上自衛隊第1師団(東京都練馬区)の連絡要員の自衛隊員が23区に徒歩で出向き、被害状況や出動要請の有無などを確認する統合防災演習で、自衛隊側が23区に「隊員を区役所庁舎内に立ち入らせてほしい」と要請していたにもかかわらず、11区が拒否していたことが22日までの産経新聞の調べで分かった。区職員の立ち会いも要請していたが、7区の防災担当者は立ち会わなかった。要請を拒否した区には「区民に迷彩服を見せたくなかった」と明かした担当者もいた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072301070002-n1.htm

何の権利があって、自衛隊の防災訓練を拒否するというのか……。

日本という国の自衛隊アレルギーも病的な領域にあるな。

それも、インテリ層にその傾向が強いらしい。


それにしたって、被災時に区民の命を守ってくれる存在と、一緒に防災訓練が出来ないと言うのは、一体どんな理屈なのか。

隊員の立ち入りを認めなかったのは、千代田▽中央▽港▽新宿▽目黒▽世田谷▽渋谷▽中野▽杉並▽豊島▽北の11区。大半は「自衛隊から要請がなかった」と断った理由を説明した。

「自衛隊から要請が無い」という理由が凄いな。

 防災担当職員が立ち会わなかったのは千代田▽中央▽港▽墨田▽世田谷▽渋谷▽中野の7区。各区とも「要請がなかった」と口をそろえる。千代田区の担当者は「いつ来て、いつ帰ったかは分からない」という。

こちらも、全くの人ごとである。

「自衛隊から要請が無いから」を、何か金科玉条が如く口にしているところが凄いが、その現状はこうだ。

しかし、自衛隊は口頭で23区に(1)庁舎内に立ち入らせ、通信訓練を行う朝まで待機させてほしい(2)庁舎の駐車場を使わせてほしい(3)防災担当の職員に立ち会ってほしい-の3項目を要請していた。

 自衛隊の担当者は「区によって要請の中身は変えていない。お願いする立場なので強くは言わなかったし、文書は出さなかったが、確かに要請した」と話す。

あれか、文章での要請でないと動けないとでも言うのか。お役所仕事もここに極まれり、といった所だ。

 


16日午後7時。「市街地での災害訓練反対!」「基地へ戻れ」という反対派のシュプレヒコールと、「自衛隊頑張れ」という励ましが交差するなか、陸自第1師団の隊員は練馬駐屯地を2人1組で出発した。

こういう場で強硬の反対する人間が、災害時に自衛隊の出動が遅れれば、真っ先にそれをやり玉に挙げる。

税金を払っているのに国民を守らないとは何事か、と。

 

こうした「外圧」は23区のうち12区が「自衛隊に区の施設を使わせるな」といった内容の申し入れを区議会会派や市民団体から文書で受けていたことを取材に認めた。今月12日には練馬区が住民監査請求を受けた。申立人の弁護士は「自衛隊員に区役所の水、電気を使わせるのは自衛隊法などに照らして違法だ」と主張している。弁護士は「訓練前に23区に電話してどういった対応を取るのか確認した」とも話した。

現実に災害が起きれば、現地の水や電気を使うのは避けられない。

「自衛隊法などに照らして違法」だというが、では、それらの法律は果たして、災害時に被災した人々を守ってくれるのだろうか?

 

区の役人達は、こうした勢力からの批判を恐れて日和ったのだろうが、本当に必要な「防災訓練」とは何なのか、を今一度考える必要があるのではないか?

 

一部には、自衛隊の根回しの不味さ、を指摘する人々も居る。確かに、事前に広報があって、広く国民に認知され、その上での訓練であったとは言い難い。

だが、こうした訓練が自衛隊から唐突に提案されたか?といえばそんなことはないはずであり、自衛隊が動く以上は防衛省や政府にその段取りを組んだり、説明をしたりと言った責任があるはずである。

マスメディアは一体何処までそうした情報を開示していたのだろう?僕は、防災訓練が実際に実施されるまで、その話を知らなかったが。

根回し下手の民主党の影響が、もしかしたらここでも露呈した、と言うことなんだろうか。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ