復興予算上積み検討

大丈夫か?安住氏は。こんな奴を財務相にしているのは不安で仕方がないのだが。

復興予算上積み検討=5年間19兆円から—安住財務相

時事通信7月3日(火)12時51分
 安住淳財務相は3日、閣議後の記者会見で、政府が2015年度末までに19兆円を見込んでいる東日本大震災の復旧・復興費について、12年度補正予算案の編成も念頭に予算額の上積みを検討する考えを示した。5年間の集中復興期間で実施するとした19兆円は、政府が11年7月に決めた復興基本方針に盛り込まれている。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0703/jj_120703_7061799319.html
復興予算を付けること、そのものは良いと思う。しかし、「さらに上積み」というと言うのは一体何を意味しているのか?
まさか、安住氏は復興予算がきちんと使われていない現状を把握していないのではないか?

11年度復興予算4割使われず 5・8兆円、事業進まず- 

(2012年6月28日21時31分)
 政府が2011年度予算に計上した東日本大震災の復興費14兆9243億円のうち、39・4%に当たる5兆8728億円が11年度内に使われなかったことが28日、明らかになった。使い残したお金は、12年度に繰り越したり、予定していた事業に充てない「不用額」として処理したりする。約4割もの予算が執行されなかったのは極めて異例。被害状況把握が難しく、復興事業が想定通り進んでいないことが浮き彫りになった。
http://news.infoseek.co.jp/article/28kyodo2012062801001838
予算が4割も余ったなんて、前代未聞なのだが、問題はそこだけにあるわけではない。
これは、復興事業をスムーズに行うような工夫が民主党政権では行えなかったことを意味しており、それこそが問題なのである。

だから、安住氏が安易に「上積み」などと発言しているが、予算を単に積み上げるだけで全く意味が無い。スムーズに金が流れるように整備してやることこそ必要なのだ。

そもそも、民主党政権には現実的に物事を捉えて、政策を着実に推し進めるというスピード感が無い。
つまり、政権担当能力が皆無だと言うことなのだ。

それを、増税はするわ、予算を付けても上手く使えないわ、挙げ句の果てにバラマキだけはちゃっかりやるわ、では税金を払う方はたまったものではない。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ