EM菌を学校でも教える

教えんなよ。

EM菌「効果疑問」検証せぬまま授業

2012年07月03日

 「EM菌」という微生物を川の水質浄化に用いる環境教育が、県内の学校に広がっている。普及団体は独自理論に基づく効果を主張するが、科学的には効果を疑問視する報告が多い。県は、効果を十分検証しないまま、学校に無償提供して利用を後押ししている。あいまいな効果を「事実」と教える教育に、批判の声も上がっている。

http://mytown.asahi.com/aomori/news.php?k_id=02000001207030003

このEM菌なるものを推進するグループは行政にも根付いて居るようで、これまで幾度か取り上げた。 「EM菌万能だな(笑)」にはコメントまで頂けた訳だが、EM菌の実態は効果が怪しく、寧ろ疑似科学に属するシロモノだというのが僕の認識だ。

県教委によると、昨年度、環境教育の一環としてEM菌を使用した小中学校は県内に7校。ほかの複数校でも使用例がある。多くは、EM菌を地域の川にまくことで「きれいになる」と教えている。

 県東青地域県民局は2004年から、管内の希望校にEM菌を無償で提供し、実践を支援している。提供開始にあたり、県はEM菌による浄化活動が行われている川で1年間、水質を調査。だが、顕著な改善は確認されなかったという。

まあねぇ、僕も、EM菌に関しては、全く効果がないとは言わない。

EM菌は有用微生物群の略称であるらしく、乳酸菌や酵母、光合成細菌を主体とする微生物の共生体が主成分の液体、或いはそれに類するものらしい。

まあ、簡単に言うと善玉菌を集めて良い効果を得よう!みたいな話なので、これが本当であれば、ある程度の効果はあって然るべきである。

 

だけど、その効果の程は殆ど確認されていないと言うし、これに公金を投入しようという考えには理解に苦しむ。

 岡山県環境保健センターは1997年度、EM菌は水質浄化に「良好な影響を与えない」と報告。実験用の浄化槽にEM菌を加えて600日間観察したが、EM菌のない浄化槽と同じ能力だった。広島県も03年、同様の報告をしている。

 三重県の05年の報告は、海底の泥の浄化に「一定の効果があると推定」した。湾内2カ所の実験で、1カ所で泥中の化学的酸素要求量(COD)が減少したためだ。だが、水質に関しては効果がなかった。

 岡山県の検証に参加した職員は「川や池でも試したが効果はなかった。EM菌が効く場合が全くないとは言い切れないが、どこでも効果が期待できるようなものではない」
と指摘する。

この手の話はごろごろ転がっているが、少なくとも環境教育などと称するのであれば、理科の授業と相反する内容にすべきではない。

即ち、実験を行い、実証するというプロセスをすっ飛ばして、「川が綺麗になる」という結果を信じ込むということだ。それは、科学ではなく宗教である。

文化祭では毎年、生徒がEM菌の効果をインターネットなどで調べて発表。効果を否定する情報を見付けた生徒もいたが、「様々な意見はあるけど信じよう」と指導したという。

ああ、本当に宗教だった(苦笑

 

「県の支給なので、まさか効果に疑問があるものとは思わなかった」

 中学校で、EM菌による水質浄化を指導する女性教師は話す。近所の川にEM菌をまく活動は、前任者の時代から10年以上続いてきた。1学級2人ずつの美化委員会が、年数回活動している。

だいたい、この女性教師は、一体何を教える教師なのかと。

委員以外の生徒からも家庭のコメのとぎ汁を収集。EM菌の原液と混ぜて灯油缶で「培養」し、川に流す。生徒たちは、真冬の雪の中でも積極的に参加した。流したEM菌の液は昨年度、1千リットル超。教師は「川がきれいになる」と教えてきた。

米のとぎ汁を川に流せば、寧ろ環境破壊を助長しかねない。

EM菌の米のとぎ汁に混ぜることで、微生物の繁殖を促す効果は得られる可能性がある。酵母や乳酸菌なら増える可能性はあるだろう。無論、プロセスが間違っていれば雑菌を大量発生させることになる。

しかし、それで高濃度の微生物液が出来たとして、これを河川をばらまく行為は、生態系を破壊する行為に繋がらないのだろうか?

 

教育、というのであれば、その行為がどのような結果をもたらすと考えられるのか、という考証と、実際どのような結果が得られたかという検証は必須であろう。

それすらしないで、延々EM菌を川に垂れ流す行為はちょっと賛同しかねるし、税金を使うなど以ての外だ、と言わざるを得ない。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ