2012年1月27日金曜日

F35の導入は

防衛大臣をやっているこのおっさん。何も分かっていないんじゃないか?

米国防費削減、F35導入予定影響なし…防衛省

 防衛省は、パネッタ米国防長官が最新鋭戦闘機「F35」の調達を一部先送りする方針を表明したことについて、日本が2017年3月末までに最初の4機を導入する予定には影響しないとみている。
 田中防衛相は27日朝、パネッタ長官と電話で約20分会談し、国防費削減方針などの説明を受けた。パネッタ氏がアジア太平洋地域を最重視する新たな国防戦略について説明したのに対し、田中氏は歓迎する意向を伝えた。田中氏は同日の閣議後の記者会見で、F35の納期について「私の印象では変更はないと感じた」と述べた。
 防衛省によると、開発主体のロッキード・マーチン社は16年までに同機の量産体制に入る予定という。同省幹部は27日、「日本側に4機を回すことは米政府、米軍のあらゆるチャンネルを通じて再三、確認している」と語った。
(2012年1月27日13時22分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120127-OYT1T00444.htm
一体、電話で何を確認したのやら。20分程度の会話で「変更はないと感じている」だと?大丈夫かこの人。

日米防衛相が普天間移設実現で一致

うむぅ、田中氏を信頼できるとは思えないのだがな。

日米防衛相が普天間移設実現で一致

産経新聞 1月27日(金)11時5分配信

 田中直紀防衛相は27日午前、就任後初めてパネッタ米国防長官と約20分間電話で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)を名護市辺野古沿岸部に移設する日米合意の実現に努力することで一致した。
 両氏は、日米同盟がアジア太平洋地域の平和と安定に極めて重要であるとの見解でも一致した。田中氏は、米国が発表した新国防戦略の指針がアジア太平洋地域を重視していることへの歓迎も表明した。
 両氏はこのほか、航空自衛隊が次期主力戦闘機(FX)として導入を決めている最新鋭ステルス戦闘機F35ライトニング2についても協議した。田中氏はその後の記者会見で、米国が調達を先送りすることに関し「私の理解では(日本への納入時期に)一切変更はない」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000516-san-pol

あー、「私の理解」って、それが一番信用出来ない。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

野田氏に不適切な献金?

まあ、ちょっと気になるネタがあったので、拾っておこう。

首相側に逮捕社長から献金=暴力団関係者と交際、便宜―葬儀会社、計140万円

時事通信 1月26日(木)2時34分配信

 暴力団関係者とみられる男に便宜を図り千葉県警に逮捕された会社社長から、野田佳彦首相の資金管理団体が2008年に献金を受けていたことが25日、分かった。
 県警は、社長の会社から暴力団に金が流れていた疑いもあるとみて捜査している。野田首相側は02年以降、同社や社長の父親の同社会長からも計143万円を受領していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000008-jij-soci

ふーん。色々なところと繋がりがあるんだねぇ(棒読)

 

菅直人が脱原発運動

迷惑だからもう日本と関わらないでくれ。

脱原発運動で世界の表舞台に復帰―菅直人前首相

ウォール・ストリート・ジャーナル 1月26日(木)12時24分配信

 【東京】菅直人前首相がスイスのダボスで25日に開幕した世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で世界の表舞台に再登場する。福島第1原発の事故では自ら陣頭指揮した政府の対応が各方面から批判を浴びたが、今回の菅氏の役回りは反原発運動の推進である。
 菅氏はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで「世界が原発に依存しなくてもやっていける社会を目指すべきということを、世界に発信していきたい」と語り、26日に予定されているダボス会議での演説に盛り込む意向を明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120126-00000001-wsj-int

脱原発運動するのは勝手だが、税金で歳費を貰っている政治家の立場からは是非とも退いてくれないかな。

日本の政府と関わりがあると思われると、凄く迷惑だし。

 

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 オヤジ日記ブログへ