2012年5月30日水曜日

小沢氏との会談

今日、やる、いや、やっていてそろそろ結論が出るとは思うのだが、野田氏と小沢氏との会談は、始まる前から結論は決まっているだろう。

合意・決裂・持ち越し…首相・小沢氏会談の行方

読売新聞5月30日(水)8時48分

 30日に予定される野田首相と民主党の小沢一郎元代表との会談の行方は、消費税率引き上げ関連法案の成否を左右し、首相の政権運営にも影響を与えるとみられ、与野党の注目が集まっている。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0530/ym_120530_6225898615.html

どう考えても選択肢は持ち越ししかあり得ない。

自民党のバラマキ政策?

自民党のバラマキは良いバラマキ!等という気は毛頭無い。が、そもそも、読売新聞は、バラマキという言葉を使って自民党ネガティブキャンペーンを張ろうとしている。

自・公が巨額公共投資計画、バラマキとの批判も

自民、公明両党が相次いで巨額の公共投資計画を打ち出した。

 いずれも防災対策が目的で、総投資額は自民党が10年間で200兆円、公明党は同100兆円に上る。両党は次期衆院選政権公約(マニフェスト)の目玉にしたい考えだが、党内からは「財政が厳しい折に、有権者からバラマキとの批判を受けかねない」との不安の声も出ている。

(2012年5月27日14時08分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120527-OYT1T00369.htm

印象操作で飯を食っているだけ合って、見事なものだが、巨額の公共投資計画はバラマキにはあたらない。