2012年6月29日金曜日

50基の廃炉費1.2兆円不足

そもそも、原子炉を全て廃炉にするなんてことが合理的だとはとても思えない。

<原発>50基の廃炉費1.2兆円不足 年度内全廃の場合

毎日新聞6月28日(木)22時17分

 全国の原発50基を今年度中に廃炉にする場合、電気事業者10社が積み立てている廃炉費用が計約1兆2300億円不足することが28日、経済産業省資源エネルギー庁のまとめで分かった。電力各社は発電量に応じて毎年、廃炉費用を積み立てているが、トラブルの多い原発ほど廃炉費用の積み立てが進んでおらず、早期再稼働を求める理由の一つになっているとの指摘も出ている。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0628/mai_120628_2918826411.html

慶応大学の金子某が廃炉費用が足りないから問題だのだ、等と指摘しているが、鶏が先か卵が先か、という話に過ぎない。廃炉にするなら比較的新しい炉は再稼働し、順次古い炉から廃炉にしていくべきではないのか?

南鳥島周辺でレアアース

中国辺りが騒ぎ出しそうな話だな。

南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初

産経新聞6月28日(木)19時13分

 日本の最東端の南鳥島(東京都小笠原村)周辺の排他的経済水域(EEZ)内の海底に、ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)を大量に含む泥の大鉱床があることを東京大の研究チームが発見した。同様の泥は南東太平洋の公海上などで見つかっていたが、日本のEEZ内では初。国内の年間消費量の200年分を超える埋蔵量とみられ、採掘が実現すれば中国からの輸入依存を脱却できる可能性がある。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0628/san_120628_2946767390.html

どういう訳だか、最近、日本近海に色々な資源が眠っている可能性が高いことが報じられるようになってきている。が、しかし、実際は最近分かった、と言うわけでもない。

以前から大陸棚にレアアースがある可能性は指摘されていたし、いくつもの研究チームが配置されていて、それらしい報告も上がっていたと聞く。何故か日本政府はそれを黙殺しつつけてきたのだ。

森本防衛相、沖縄・山口訪問へ

ああ、当たり前のことが当たり前のように出来る防衛相の、なんと有り難いことか。

<森本防衛相>沖縄・山口訪問へ オスプレイ配備説明で

毎日新聞6月28日(木)22時4分

 森本敏防衛相は、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備計画に理解を求めるため、30日から7月1日にかけて沖縄、山口両県を訪問する。29日に米政府から配備計画が正式通告されることを受け、日本政府として受け入れ準備を本格化させる。両県知事らは相次ぐ墜落事故で態度を硬化させており、改めて配備に反対するとみられる。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0628/mai_120628_2935235872.html

森本氏が沖縄や山口に行ったところで、何か事態が解決に向かうとかそう言う話ではない。だが、現地との信頼関係は大切なのだ。