2012年11月1日木曜日

不毛な社説を繰り返す毎日

毎日新聞の社説は実に秀逸である。切れ味は朝日に劣るが、レッテル貼りは健在らしい。

社説:首相と安倍氏 不毛な攻防繰り返すな

毎日新聞 2012年11月01日 02時32分
 野田佳彦首相の所信表明演説に対する各党代表質問が始まった。自民党の安倍晋三総裁が年内の衆院解散の確約を求めたのに対し、首相は経済対策や赤字国債を発行するための特例公債法案成立などの環境整備を説き、すれ違いに終わった。
http://mainichi.jp/opinion/news/20121101k0000m070114000c.html

野田氏と安倍氏の議論がすれ違いなのは、野田氏のせいであって、野党がふがいないとか不毛だとかそう言う話とは違う。
毎日新聞もお得意の印象操作から入っているようだ。

民主党が中道とは笑わせる

寝言は寝てから言ってくれ。

<民主党>次期衆院選 「中道」路線を打ち出す方針固める

毎日新聞11月1日(木)2時30分

 民主党は次期衆院選で「中道」路線を打ち出す方針を固めた。自民党の安倍晋三総裁、日本維新の会の橋下徹代表、新党結成を表明した石原慎太郎前東京都知事が保守的な言動を強めていることに対し、差別化を図る狙いがある。次期衆院選マニフェスト(政権公約)や策定中の新綱領に盛り込む。http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1101/mai_121101_9645723111.html

なかなか突っ込みどころの多い記事である。タイトルからして突っ込みどころ満載だ。「中道」とは一体何なのか?