2012年11月29日木曜日

日本における原発の未来

核のゴミ処分計画というニュース、取りこぼしていたので紹介する。

原子力委員会“核のゴミ 処分計画再構築を”

11月27日 19時12分
原子力発電に伴って出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる“核のゴミ”を地下深くに埋めて処分する地層処分の計画について、原子力委員会は、原則、地層処分を維持したうえで、新たな第三者の組織が取り組みを検証する仕組みを設けるなど、再構築すべきだとする見解の案をまとめました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121127/k10013789601000.html
簡単に言うと、放射性廃棄物の廃棄方法として、従来は「地下深くに数万年以上埋め、最終処分する地層処分計画」が提案されていたが、これは無理なので白紙にしようという話だ。

この選挙での「反原発」に意味はない

今回の選挙の争点の1つとなりつつあるらしい脱原発、卒原発。
民主党は2030年までに脱原発。
日本未来の党は2022年までに卒原発。
日本維新の会は2030年までに脱原発。
もう、原発を辞める方向のオンパレードである。
ちなみに、自民党は?というと、10年以内に結論を出すという曖昧な話をしており、公明党は脱原発路線を明確にしないまでも、2030年までに原子炉は現在の1/3となるが、それを1年でも早く前倒しする、と言っている。
社民党は原発稼働は直ちにゼロ。共産党も即時原発ゼロ。その他は……まあどうでもいいや。
とにかく、原発を「再稼働する」或いは「続ける」と明言している党は1つもない。

日本未来の党(笑)

おいおい、大丈夫か?この党(笑)。

日本未来の党副代表に森裕子参院議員

2012.11.29 11:28

 日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事は29日午前、合流した森裕子参院議員を副代表に起用する考えを表明した。県庁で記者団に語った。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121129/stt12112911300004-n1.htm

この人って、2003年のイラク特措法案の採決の時に大仁田厚氏の神を掴んで頭を殴りつけたバカじゃなかったっけ?更に、外国人に被選挙権まで認めるべきだというトンデモ論を展開する人物だった気がするんだが。

子供手当……だと?

二番煎じのだしがらで戦おうというのか。

「未来」公約に「子ども手当」…小沢色濃く

読売新聞11月29日(木)7時15分

 日本未来の党の衆院選公約となる政策要綱の原案が28日、明らかになった。

 環太平洋経済連携協定(TPP)について「交渉入りに反対だ」とし、消費税率引き上げ関連法に対しても「凍結する」と明記した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1129/ym_121129_0900024143.html

そりゃ、子育て世代にとっちゃ、有り難い話だ。が、バラマキは何も生まないことを、3年間で学ばなかったのだろうか?小沢氏は。

日本維新の会の衆院選公約

公約が出そろってきたな。

<日本維新の会>衆院選公約を発表 「脱原発」の文言が復活

毎日新聞11月29日(木)1時18分

 日本維新の会は29日、衆院選公約「骨太2013−2016」と政策実例を発表した。エネルギー政策では「先進国をリードする脱原発依存体制の構築」をうたい、政策実例として、厳格な安全基準のルールを設け発送電分離などを進めることを明記した。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1129/mai_121129_8144160520.html

「脱原発依存体制の構築」と来たか。

突っ込みは随時していこう。