台湾でも鳥インフル感染者

とうとう、他の「国」でも感染者が。

鳥インフル 台湾で初の感染者確認

4月24日 19時19分

中国で鳥インフルエンザへの感染が相次ぐなか、台湾で初めて男性1人がH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染していたことが確認されました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130424/k10014163881000.html

感染者は先月末に支那に渡っており、その際に感染した可能性が極めて濃厚だ。


台湾の感染者には申し訳ないのだが、これで改めて鳥インフルエンザに関する正確な情報が得られる段階に入った。

台湾の衛生当局が日本時間の24日午後6時半から行った記者会見によりますと、感染が確認されたのは台湾の53歳の男性で、先月28日から仕事のため、中国東部の江蘇省蘇州に滞在したあと、今月9日に上海を経由して台湾に戻ったということです。
その後この男性は12日に発熱し、倦怠感などを訴えて16日に病院に入院したということで、検査の結果24日、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されました。
この男性が中国滞在中に生きた鳥に接触した形跡はないということです。

問題は、この感染した男性が、江蘇省で10前後滞在した後、上海経由で台湾に戻ったという所だ。

当然のように生鳥に接触した形跡はない。

 

このことから考えられる可能性は2つ。

1つは、未だ感染者が出たという報告のない江蘇省での感染可能性と、上海で人から人への感染によって罹患した可能性だ。

どちらの可能性も非常にマズイ。

 

いろいろな情報が明らかになると良いのだが。

感染列島 スタンダード・エディション [DVD]

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ