2013年8月30日金曜日

原爆投下は国際法違反?

良く言った、褒めてつかわす(笑

「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ

2013.8.29 12:24 [米国

 原爆投下も化学兵器使用と同じ国際法違反か-。米国務省の定例記者会見で28日、ロイター通信の記者がシリアの化学兵器使用疑惑をめぐり、米国による広島、長崎への原爆投下の例を挙げて軍事介入の正当性について追及した。

シリアの化学兵器使用疑惑について、擁護できる訳も無いが、アメリカだって似たような事をやっているのは事実だ。


この話、どうやらロイターの記者が質問したようだ。

 米政府はアサド政権による化学兵器使用を断定。この日の会見でハーフ副報道官は国連安全保障理事会による武力行使容認決議なしに軍事介入することを念頭に、多数の市民を無差別に殺害したことが一般的に国際法違反に当たると強調した。

 これに対してロイターの記者は「米国が核兵器を使用し、広島、長崎で大量の市民を無差別に殺害したことは、あなたの言う同じ国際法への違反だったのか」と質問。ハーフ氏はコメントを避けた。

何時だって、正義の名の下に行動するアメリカにとって、このロイターの記者の質問はかなり痛いところだ。

ついでに言うと、東京大空襲を初めとする主要都市の攻撃も、焼夷弾のような兵器の使用も、沖縄戦で使った火炎放射器を使って洞穴の中の民間人を焼き殺す様な行為も、原爆投下と同じように、国際法違反の疑いが濃い

ただ、現在言われる国際法とは、国際人道法という第2次世界大戦後の1971年に制定されている概念を言うようで、日本が極東軍事裁判で問われた「人道に関する罪」「平和に関する罪」は、1945年8月までにアメリカが整備した国際法であり、第2次世界大戦中に慣習国際法上確立していなかった概念である。当然、ドイツを裁いたニュンベルク裁判においても、同様である。

もちろん、第1次世界大戦後から色々議論され、似たような概念は導入しようという動きはあったようで、1909年のハーグ陸戦条約にも、類似の規定が見られる。

例えば、戦闘員や非戦闘員を捕らえた場合には捕虜として扱い、ある程度人道的な扱いをすべきだ、と定められていたり、戦闘において、毒の使用や降伏を請う敵兵を殺傷する、防衛していない都市、集落、住居の攻撃や、略奪行為の禁止、等があげられており、武器を携帯しない民間人との交戦、虐殺は禁じられている。したがって、当然、民間人を大量虐殺することは許されていない。

ああ、支那や韓国が五月蠅い侵略戦争云々は、当時も判断基準が曖昧な「侵略」という概念を否定しておらず、植民地政策の何が悪かったのか?という空気は残っているな。侵略犯罪については2017年1月1日に行われる決定に従う流れらしいが。


さて、前置きが長くなったが、シリアの内戦における毒ガス兵器の使用は、あったとすれば当然ながら国際法違反である。

 

一方で、アメリカの日本に行った、原爆投下、大空襲、火炎放射器による虐殺などの他、ベトナム戦争における枯れ葉剤の使用、絨毯爆撃行為、イラク戦争における爆撃行為など、結構、当時の国際法に抵触するようなことをやらかしている。っていうか、遡及法で日本を訴えて有罪にしたんだから、「人道に対する罪」なんかを問われても文句言わないよね?

 

アメリカのやってきたことは、実はアサド政権も真っ青の犯罪行為である疑いが強いのだ。平和の美名の下に指摘されていないが。

 

それが分かっているからこそ、ハーフ副報道官はロイターの記者に答えられなかったのであり、それでもなお、戦争を始めようとしているわけだ。

 

ま、アレだな。戦争狂という言葉がぴったりだな、アメリカ。

 

いまさらそれを明らかにしたところで、あんまり意味も無いんだが。

ベルセルク 37 (ジェッツコミックス)


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ