潘氏の外務副大臣への苦しい釈明

あっはっは、何言ってるんだこの人?

潘氏が外務副大臣に釈明 「安倍政権の立場や努力、理解している」 

産経新聞8月29日(木)10時35分

 外務省によると、オランダ訪問中の松山政司外務副大臣は28日、国連の潘基文事務総長と会談し、日本を念頭に「正しい歴史認識が必要だ」などと発言したことについての真意をただした。潘氏は「発言は中立的で、日本のみを指摘したものでない」と釈明した。

「日本のみを指摘したもので無い」だって?意味が分からないな。


国連の事務総長の職にいて、このような発言をしてしまったこと自体大きな問題となっているのではないか?とも思うが、権威失墜の激しい国連なので、お咎め無しかもしれない。

とはいえ、ちょっと無理があるだろう?

 潘氏は「歴史認識に関する安倍晋三政権の立場や、平和国家としての日本政府のこれまでの努力について、自分はよく承知している」と述べた。発言に関しては「日本、中国、韓国の三カ国は東アジアの平和と安定にとって重要な国であり、三カ国の指導者は過去に起こったことをしっかり理解して克服していくべきとの趣旨だ」と説明した。

凄い事言っているな。

国連事務総長が日本に異例の注文 「歴史顧みること必要」 韓国訪問し

2013/08/26 13:02

韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けた。

産経の誤報で無ければ、或いは同様の内容を報じている朝日新聞や読売新聞の誤報で無ければ、「日本政府」と「政治指導者」に対して、「自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と、その様に述べている。

 

どう読んでも、日本を名指しである。

そして、韓国の「歴史」=「ファンタジー」なので、日本の歴史とはそもそも相容れない。「過去に起こったことをしっかり理解」というのは、そもそも韓国には不可能なので、この話は元々無理筋なのだ。

 

潘君、残念だったね!


チキ・チキ・バン・バン [Blu-ray]

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ