2013年9月4日水曜日

ATD-Xの試験

「心神」と呼ばれていたATD-X(先進技術実証機)の試験が行われたというニュースが流れていた。

日本独自開発のステルス戦闘機「心神」の試験写真公開=中国

2013/08/31(土) 19:17

  防衛省技術研究本部のウェブサイトはこのほど、日本が独自に開発・製造を行っているステルス戦闘機「心神」の技術実証機に対し、機体の静強度を確認するための試験を行ったと発表した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

  静強度試験は技術実証機の部品と機体全体の強度や剛性(曲げやひねり、圧縮などの外力に対して変形しにくい性質)を検査するための重要なテストだ。開発計画によると、「心神」の先進技術実証機は2014年にテスト飛行を開始する予定だ。(編集担当:米原裕子)

国内では見かけないニュースだな。


一応突っ込みを入れておかねば。ATD-Xは戦闘機では無い。あくまで実証機である。だから、兵装を装備する予定は無い。

尤も、ウェポンリリース・ステルス化の実験に協力する可能性はあるため、兵装を将来的にも備えないとは断言できないが。

技術実証機

現状はこんな感じらしく、記事にあるように機体の静強度を実験している段階である。2014年には飛ばす予定らしいのだが、大凡の形はできてるねぇ。キャノピーはT-4から流用するのだっけ?

 

しかし、ATD-Xの予算総額は394億円と、F-35A2機分の価格とは安い研究費だな、オイ。T-4のキャノピー流用で、エンジンはIHIのXF5-1と、安価で非力な航空機になりそうだが、当初の目的である先進技術が実証できればOKだと言う事を考えれば、ありなのかも知れないな。スマートスキンセンサーの有用性が実証できれば、有益だしな。

来年の初飛行がちょっと待ち遠しい。

 


心神vsF‐35―空自次世代戦闘機と世界のステルスファイター

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ