自虐史観からの脱却

こんな施設があちこちにあるのだから、日本もまだまだと言う事だろう。

「南京大虐殺」展示撤去へ ニセ写真、歪曲相次ぎ… ピースおおさか

産経新聞 9月18日(水)15時13分配信

 大阪府と大阪市が出資する財団法人「大阪国際平和センター」(ピースおおさか、大阪市中央区)で、日中戦争中に旧日本軍が行ったとされ、信憑(しんぴょう)性をめぐって議論が分かれる「南京大虐殺」に関する展示が撤去される見込みであることが18日、分かった。25日から始まる府の9月議会で基本設計案(中間報告)が報告され、戦後70年となる平成27年度までのリニューアルを目指す。自虐的な「偏向展示」で知られた同施設は、ようやく正常化に向けてかじを切る。

名前からして凄い施設だ。「ピースおおさか」とは(愛称らしいが)。


しかし、その展示物がまたファンタジーであるらしい。

 同施設の戦争資料をめぐっては、これまでにも旧日本軍による虐殺現場と説明した出所不明のニセ写真の展示など誤用や歪曲(わいきょく)が指摘され、撤去や修正を繰り返した。2年前にも、朝鮮人労働者の「強制連行」や虐殺・虐待などの解説文と並べて展示した写真4枚が、全く無関係のものだったことが分かり、撤去を余儀なくされた。
 こうしたずさん展示の背景に、ゆがんだ歴史観に基づく「偏狭なイデオロギー」を指摘する声は根強い。先の大戦をめぐる評価や、「南京大虐殺」「強制連行」などの事案の真偽について、多様な見方を示さずに日本をことさら糾弾する立場に立つ自虐史観だ。
 「南京大虐殺」の展示をめぐっても、市民団体や府市議らから、当時のデータや証言を踏まえ、「大虐殺はなかったとする研究結果も出てきた」「旧日本軍を悪逆非道な存在と決めつけ、でっち上げや捏造(ねつぞう)がある」などと虚構性を訴える声が上がり、橋下徹前知事(現大阪市長)が平成23年5月、展示のあり方について「府民の意思を反映すべきだ」と指摘。今年度予算でリニューアルの設計委託費1700万円が計上され、同施設は昨年、全面改装の方針を打ち出した。

偏向2大テーマである、「南京大虐殺」に「強制連行」か。

確かに、「南京大虐殺」についても「強制連行」についても、全くの事実無根である、という事が出来る訳では無い。

だが、主張されていることの大半は捏造か歪曲によって事実が覆い隠されてしまっており、多面的な見方を排除するやり方はかなり危険である。

 戦争と平和の調査研究と展示を目的に、大阪府と大阪市が建設・展示工事費として計25億9740万円を折半して補助し、平成3年9月に開館。今年度は運営費補助金として、府市合わせて計約8千万円が計上されている。年間の来館者は約7万5千人で、今年3月には約170万人を突破。約6割は小、中学生で、ほとんどが校外学習として利用されている。現在は写真や模型など約500点が展示されており、大阪空襲の犠牲者の名前が刻まれたモニュメントも設置している。

何しろ、入場者の6割もが小中学生なのである。

教育のために使われる施設であれば、それに即した展示をすることが妥当であろう。少なくとも一方的な理由から捏造された資料を展示されることは、やはり好ましくないのだ。

 

こうした捏造された歴史をただして行く事で、日本の自虐史観は塗り替えられていくだろう。

過去を反省することは必要だ。が、必要以上に自国を貶め、誇りを失ってはならない。


詳細地図で歩きたい町 大阪 (JTBのムック)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ