韓国観光産業、バラ色の未来と脳みそ

凄いね。

韓国も五輪の波及効果に期待、ホテル・観光業に特需か

サーチナ 9月10日(火)13時0分配信

 国際オリンピック連盟(IOC)総会で2020年夏季五輪の開催地が東京に決まったことを受け、韓国では波及効果に期待する声が上がっている。観光業界などは、東京五輪に前後して韓国国内を訪問する外国人が増えると予想しており、五輪の肯定的な影響は大きいと見込む。複数の韓国メディアが報じた。

可能性はないとは言えないが、特需って程とも思えない。っていうか、放射能のネガキャンは現在主に韓国から垂れ流されてるんだけど?


そもそも、何が楽しくって、韓国のホテルに滞在するというのか。 飛行機2時間乗るくらいなら、新幹線で京都あたりまで足伸ばすっつーの。

 報道によると、五輪が開催されると、その国の周辺国にも経済波及効果があるという。1988年のソウル五輪では日本が、2008年の北京五輪では韓国が、五輪開催国の隣国として観光業が盛り上がった。東京五輪でも同様の影響があるとみられ、韓国の観光業界やホテル業界は既に大きな期待を寄せている。

風が吹けば桶屋が儲かる理論で素晴らしい。

だが、ソウルオリンピックで選手たちが日本を選んだ理由は、単純に韓国よりも環境に恵まれているからに過ぎないし、北京オリンピックでは、支那より韓国のほうが未だマシだろうという判断だったからに過ぎない。

東京でオリンピックを開催した場合、宿泊施設は山程ある。まさか韓国まで行く、なんて事はちょっと考えにくい。まあ、よっぽどの放射脳であれば、有りうるかもしれないが、それならそもそも東京オリンピックには出ないだろう。

 

そんなことよりも、だ。

2018年に開かれる冬のオリンピックを心配するほうが先だと思うんだが。


杞憂―閑話百撰

ランキングに応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ