支那の鳥インフルエンザに警戒せよ

いつの間にか収束した支那の鳥インフルエンザだが、これからインフルエンザの季節になれば、再び猛威を振るう危険性がある。

中国鳥インフル、早くも猛威の予兆 警戒レベル一気に引き上げ段階へ

2013.9.11 12:09

 上海市や安徽省など、中国本土の2市10省と台湾で少なくとも136人への感染が確認され、このうち45人が死亡した「鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)」が今秋以降、再び猛威を振るうのではないかとの懸念が広がっている。

今のところは懸念だけだが……。


しかし、懸念だけとは言っても、今年春に猛威を振るった鳥インフルエンザの感染ルートすらハッキリ特定できておらず、支那の行政が右往左往していただけだった。

 専門家らは、生きた鳥を食用として取引する街中の市場が感染源になっているとみて、家禽(かきん)市場を完全閉鎖するよう求めた。上海市は、生きた鳥の取引を4月6日に全面禁止したが、6月20日からは当局が指定した郊外の市場などに限って営業再開を認めている。実際には中国各地で家禽類を生きたまま売買するヤミ市場や露天商などが後を絶たず、消費者の側も警戒感を抱かなくなっている。露天で売られる生きたニワトリの場合、1羽丸ごとの価格で10~20元(約160~320円)とスーパーで売られる商品に比べ大幅に安く、庶民の台所を支える食材になっているからだ。

流通も再開しているようで、再びインフルエンザの感染源になる危険性は高い。

……高いのだが、ここが感染源で無かった場合はもっと酷い結果に。

 

冬に入る前に色々と覚悟を決めておいた方が良いだろう。


NHKスペシャル 最強ウイルス―新型インフルエンザの恐怖

新品価格
¥1,050から
(2013/9/11 15:38時点)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ