2013年9月26日木曜日

浜岡原発、再稼働申請

再稼働申請に、新基準は関係ないんだけどな。

<浜岡原発>4号機再稼働申請へ 中部電、年度内に

毎日新聞9月25日(水)20時16分

 中部電力は25日、運転停止中の浜岡原発(静岡県御前崎市)3〜5号機の再稼働に向け、最初に4号機の安全審査を年度内のできるだけ早い時期に原子力規制委員会に申請する方針を明らかにした。

地元の反対とは一体何なのか?


浜岡原発の安全対策工事に関する負担は重い。

 原発の新規制基準に対応した安全対策工事の計画概要が固まったため。また、2015年3月末を予定していた3、4号機の工事完了について、追加対策が必要になったとして、4号機は15年9月末、3号機は16年9月末に延期すると発表した。

 再稼働は、規制委の審査に合格し、地元自治体の了解を得る必要がある。安全対策完了も前提のため、実現しても15年10月以降となる見通し。中部電は浜岡原発停止で経営が悪化しており、再稼働を急ぎたい考えだが、地元の反発は根強く、了解を取り付けられるめどは立っていない。

 追加対策の費用は約700億円を見込み、これまで明らかにしている対策も含めると、総額は3000億円規模に上る見通しだ。

ただ、法的には現状のままでも再稼働可能な原発を、このまま廃炉にするなどということは言語道断だし、新基準への適用は、あくまで企業イメージの問題である。

 

確かに原発の安全確保は、人命に関わる問題だけに、対策をせずにおくことは好ましくは無い。

だが、一方で、浜岡原発に必要とされる防波壁のかさ上げなどは、再稼働してからも工事は可能である。

 

そして、地元の知事が感情論で反対するのも適切では無い。

 ◇「現実性ない」

 静岡県の川勝平太知事は25日、浜岡原発の再稼働について「安全審査を受けることイコール再稼働ではない。県でも安全性はチェックしていくが、それも再稼働とは結びつかない。再稼働の現実性はないと思っている」と否定的な見方を示した。

安全審査を受けることイコール再稼働では無い、なんてことは誰が考えても明らかだ。寧ろ、今のままでも再稼働は可能だから。

行政の暴力で、中部電力の経営悪化を強いていることこそ許されない話であり、再稼働はどうあっても許さないというスタンスは、呆れかえって言葉も無い。

原発再稼働に地元の理解を得ることは重要だが、必須では無い。知事は、再稼働を前提とした安全確保を検討すべきなのに、その仕事を放棄して反対だけ唱えているのだから楽な仕事だな。

地域の経済を悪化させているのは、自身の責任だと言うことを、この知事は理解しているのだろうか?

 


一番やさしい地方自治の本

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ