「世界唯一の」超音速訓練機T-50インドネシアへ

いやー凄いね(棒)

世界唯一の超音速訓練機T-50、初の輸出飛行=韓国

中央日報日本語版 9月11日(水)10時32分配信

韓国が純国産技術で作ったT-50高等訓練機2機が10日、慶尚南道泗川(キョンサンナムド・サチョン)の空軍基地を出発し1泊2日の旅程を開始した。T-50高等訓練機2機の着陸地はインドネシア。泗川空軍基地から台湾の高雄、フィリピンのセブを経て11日に到着するインドネシアまでの飛行輸出コースに入ったのだ。

事故に遭わないようにね(笑


先日、墜落してしまったT-50だが、予定通り輸出されるらしい。

T-50

韓国空軍訓練機 光州で墜落=搭乗の2人死亡

聯合ニュース 8月28日(水)15時43分配信

 【光州聯合ニュース】28日午後2時10分ごろ、韓国南西部、光州市の空軍基地付近で訓練機T50が墜落した。搭乗していた空軍第1戦闘飛行団所属の少領(少佐)と大尉の2人が死亡した。
 墜落地点は同市を流れる栄山川近くの水田で、空軍は訓練機が着陸途中に墜落したとみて事故原因を調べている。

搭乗していた方のご冥福を祈りたい。

が、これ、未だに原因が分かっていないのだとか。結論は「操縦ミス」ってことらしい。

 

……その前の事故も原因不明じゃ無かったか?

ブラックイーグル機墜落原因整備士のミス...整備士の関係者自殺


最終編集:2012-11-30 14:21

 去る15日に発生したブラックイーグル航空機T-50Bの墜落事故は、整備士のとんでもないミスのため発生したことが明らかにした。 空軍はT-50Bの事故調査の結果、担当整備士が航空機の上昇·下降を制御する装置、すなわち、ピッチ操縦系統を整備し、これらのデバイスにさしたブロック線を抜かない事故が発生したことを明らかにした。

整備士のミスで墜落したという結論になっているけれども、問題はこちら。

 当時事故機は原州基地を離陸した後、上昇していたのに機首が下降する現象を見せた。パイロットギムワンフイ少佐は上昇姿勢維持のために操縦桿を最大に引いたが、900余mの上空で機首が急激に下降し、墜落したとすることが明らかになった。

操縦桿を引いたら機首が下がっただと?装備ミスで?それまでは問題無かったのか?

操縦桿を引いたら機首が下がるというのも凄いが、それならどうやって離陸したというのか?

ギムワンフイ少佐は350 mの上空からの緊急脱出を試みたが、脱出できずに殉職した。

そして、何のための緊急脱出装置かと。

 

どう記事を読んでも、整備ミスだけで起こる事故とは思えないんだが……。


しかし、冒頭の記事、不思議な事が書かれている。

1997年から8年3カ月かけて開発したT-50は、超音速のマッハ1.5の速度が出せる世界唯一の訓練機だ。超音速で飛ぶ飛行機を引き渡すのに2日かかるのは完璧に引き渡すためだ。この日午前7時59分に泗川空軍基地を出発したT-50訓練機は11日午後3時30分にインドネシアに到着する予定だ。30時間余りかかる。

超音速機なのに、韓国からインドネシアまで30時間余りかかるとか。

KAI関係者は、「インドネシアまでの移動距離は5600キロメートル余りで、飛行時間は7時間ほどだが、安全な引き渡しのために台湾とフィリピンを経由して操縦士の休息と燃料補給をすることにした」と説明した。

もちろん、燃料の関係でT-50に休憩無しで飛ぶことの出来ない状況であることは分かるが……それにしたって、時間かかりすぎじゃね?

途中で仮眠でも取らせるのかな?


防衛産業関係者は、「通常ロシアやイタリアで生産される訓練機は170億ウォンから200億ウォン水準で売れる。T-50は世界で唯一の超音速訓練機で比較基準がないが、その程度なら成功的な交渉と言える」と話した。

なかなか愉快なことを言っているが、実はとんでもない妄想である。

韓国政府、T-50の輸出に必死、「物々交換にお金まで貸して」

国民日報 | 入力 2011.06.16 13:42

超音速高等訓練機T-50をインドネシアに輸出する過程で、韓国側がインドネシアの輸送機4台を購入して与えることにしたという疑惑が再び起きている。また、インドネシア側が支払うT-50の購入費用を韓国側から用意することが分かった。

長い記事なので要約するが、簡単言うと、「韓国とインドネシアがT-50とCN-235を交換する契約を締結」、「インドネシアがT-50を購入できるように韓国政府がお金を貸すことにした事実も明らかに」、「T-50輸出代金4億ドルの約85%を輸出入銀行を通じて「直接貸し出し」方式でインドネシア側に貸す方案を議論中」と言う話。

CN-235はスペインとインドネシアが共同開発した中距離双発機なので、インドネシアが韓国にCN-235を売る代わりに、韓国がインドネシアにT-50を売りつけるという構図が明らかになった訳だ。

加えて、T-50の代金の85%を韓国の銀行が用意するそうな。無論、お金は貸すのだろうが、凄い優遇だよね。

 

UAEに輸出する原発の話思い出させる話だな。


いやー、凄いね韓国。

お笑い韓国軍(空軍編)もよろしく。韓国軍の「凄さ」が分かるぜ!

 

インドネシアも、こんなの買うくらいなら実機じゃ無く模型にしておけば良いのに。
 

1/48 T-50 韓国空軍 高等練習機

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ