海江田氏、代表質問で安倍氏を批判

質問で攻撃的になって、修飾子や感想を沢山織り交ぜるのは、印象操作の一環だよな。

海江田氏「首相は言葉が軽い」 衆院代表質問始まる

産経新聞 10月16日(水)14時1分配信

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が16日午後、衆院本会議で行われ、衆参両院のねじれ解消後初の本格論戦がスタートした。最初に質問に立った民主党の海江田万里代表は、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題や政権の経済政策などを政府の対応を追及した。

小物くせぇ。質問の内容が、こんな程度とは。


腐っても最大野党であり、税制兼を担ってきたでは無いか。

 海江田氏は汚染水問題に関し、首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」と発言したことに「言葉が極めて軽いと言わざるを得ない」と批判。

コントロール下にあったか?は確かに疑問の余地があるが……、オリンピック誘致を勝ち取ったのは評価すべきでは?嘘言ったわけじゃ無いし。

首相が「意志の力」と繰り返した所信表明演説を聞いて「独裁者」を思い出したと指摘、「この国をどの方向に導きたいのか方向性は明示されていない」と断じ、対決姿勢を鮮明にした。

へー、どこかの首相は、独裁者になれると、喜んでいませんでしたっけ?

菅直人「議会制民主主義というのは期限を区切って独裁を認めること」

思い出したのはこっちの人じゃないのかな。

 また、来年4月の消費税増税に備えた経済対策を「不要、不急の公共事業がめじろ押しになる」とし、社会保障と税の一体改革は、社会保障を置き去りにした改革に「変質しつつある」と指摘した。

どれが「不要」でどれが「不急」なのかを指摘してください。ハッキリ言って、それが重要であって、印象操作をする必要は無いのだ。必要で緊急性の高い公共事業まで削減しまくった党の党首だけはあるな。

社会保障を置き去りというが、財源を置き去りにした政党がどこかにあったよね?今の韓国、朴槿恵政権もそうだが。

地域を限定して雇用などの規制緩和を促進する国家戦略特区については「働く者を使い捨てにする企業を大量生産する『解雇特区』など断じて認められない」と訴えた。

「解雇特区」ねぇ。

規制緩和の全てが良いとは言わないけど、正規社員の縛りはもはや時代遅れなんじゃ?働き方を選べる、という選択肢はアリだと思うんだけど。

そして、それを試すのが特区制度でしょうに。

 首相が外交・安全保障政策で掲げる「積極的平和主義」に関しては「平和主義という日本のブランドを壊す可能性がある」と批判を強め、集団的自衛権行使や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についても説明を求めた。

平和主義で、国防は出来ないんだが。

TPPについても、もっと踏み込んだ質問をすべきじゃ無いかな。


攻めるべきポイントは、それ程外れているわけじゃ無いと思う。

だけど、これじゃねぇ。

 

もし、僕が聞くなら、もうちょっとポイントを絞るね。

  • 放射性物質の処分をどのように考えるのか?汚染水は処理後、海に流すのか?廃炉処理は、放射性物質の最終処分地を決定せずに進められるのか?
  • 公共事業の優先順位として、国民のライフラインに関わる部分が優先されているのか?景気刺激というのであれば、民間の景気拡大と需要の創出にこそポイントがあるのでは?
  • 外交・安全保障政策において、支那と韓国との適切な距離とは、どの程度に設定し、今後どのようなアプローチを図るのか?領土問題について、尖閣諸島にインフラ整備をし、先島諸島への自衛隊配備はどのような予定となっているのか?竹島はどうするのか?必要であれば武器輸出三原則や非核三原則は撤廃すべきでは?
  • TPP交渉において、守るべき聖域は「重要5項目だけ」か?国民生活を守るべき医療制度や金融制度、知財戦略はどうなっているのか?

とまあ、こんな感じだろうか。

思いついたものを列記しただけだから、要点が絞れてはいないが、「独裁者」とか「言葉が軽い」とか上から目線で批難するよりは建設的だろう。

 

色々なしがらみはあるとは思うが、シャープな質問が出来ないと言うのなら、それはそもそも国会議員のあるべき形から逸脱した歪んだあり方なのではないだろうか。

あっちこっちに配慮しまくった、ボンヤリとした質問なら、しない方がマシだ。

 


ぼんやり生きてはもったいない (中公文庫)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ