韓国海軍 戦力増強計画次々と

計画だけなら楽しいよね。

韓国海軍 哨戒艦15隻に高性能探知レーダー搭載へ

記事入力 : 2013/10/23 16:03

【鶏竜聯合ニュース】韓国海軍は23日、警戒任務に当たる哨戒艦(1200トン級)15隻に新型探知レーダーを搭載すると明らかにした。

でも、その「新型探知レーダー」って信頼できるの?


最近、連日、「お笑い韓国軍」ネタ満載だが、どうした?韓国。

 レーダーは韓国製で、30センチサイズの物体も探知できるため、北朝鮮潜水艦の潜望鏡も識別可能だという。2015年までに新型哨戒艦15隻への搭載を完了する予定だ。

ハッキリ言って、韓国製のレーダーは止めておいた方が良いぜ!


 また、海軍は昨年11月、イージス艦(7600トン)を現在の3隻から6隻に増やすことを合同参謀本部へ要請した。長期の水中作戦や遠距離のピンポイント攻撃が可能な3000トン級の潜水艦9隻も2020年代に戦力化する計画だ。

おいおい、イージス艦3隻に、潜水艦9隻も追加するのかよ。

あれ?韓国の潜水艦って、まだドッグに入ったままだっけ?


 5900トン級の韓国型次期駆逐艦(KDDX)は2023年以降に6隻を追加で確保し、2300トン級の次期護衛艦(FFX)も2026年までに約20隻を建造する方針。

ふむふむ、KDDXを6隻ね。

5900t級って、韓国が保有するイージス艦クラスなんだが、KDDX?まさかズムウォルト級と同等ってことか?あれ、高いんだぞ?

で、FFXは20隻建造?!FFXというと、ウルサン級仁川級フリゲイトか。

Incheon

どうやら、コイツにワイルドキャット載せる気らしいね。


 さらに、機雷探知などを行う掃海艦を現在の3隻から2019年までに6隻に増やし、4500トン級次期揚陸艦を来年以降に4隻確保する計画も立てている。

掃海艇3隻追加。次期揚陸艦4隻確保と。

 このほか、1万4500トン級の大型輸送艦(LPH)と次期潜水艦救難艦、次期戦闘支援艦、練習艦それぞれ1~2隻を2017年から2022年にかけて確保する計画だ。

更に、大型輸送艦に次期潜水艦救難艦、次期戦闘支援艦、練習艦それぞれ1~2隻っと。

……どんだけ大盤振る舞いだよ!


 だが、海軍の定員は4万1000人(海兵隊を除く)で据え置かれており、艦艇を新たに建造してもこれに乗る将兵がいないとの指摘が出ている。黄基鉄(ファン・ギチョル)海軍参謀総長は同日行われた海軍本部に対する国政監査で、定員増員の必要性を訴えた。

はい、オチが付いたようで。

とんだマッチポンプだな。兵器を増やしてその為の乗員を確保するための定員増員だと?

まず、現行の装備をまともに運用できるようになってから、贅沢を覚えようぜ?新しい船買うより、予備バッテリーを買った方が、よっぽど建設的だ。

それに、艦長を育てるのに数十年単位の時間が必要になることを、忘れていないよな?単純に人増やしただけじゃ、ダメなんだぜ。

 


消えた乗組員(クルー) (光文社文庫)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ