韓国駆逐艦、5時間停電が発覚

ふーん(棒

韓国駆逐艦が5時間停電、その間に北が攻撃していれば…(1)

2013年10月23日08時59分

  西海(黄海)の北方限界線(NLL)を守る西海第2艦隊の主力駆逐艦「乙支文徳」で昨年12月未明、ブラックアウト(大停電)が発生し、於青島付近の海上で5時間ほど立ち止まっていたことが確認された。

主力駆逐艦さん、なにやってるんすか。


もう、どんなニュースが出てきても「韓国軍だから」と言い切る自信がある(笑

「乙支文徳」は「広開土大王」に続き韓国国内の技術で設計・製作した2隻目の駆逐艦(3800トン級)で、艦対地・艦対空ミサイルと魚雷、近接防御武器体系(CIWS)2門、先端レーダー、ソナー(音波探知機)を備えた西海防御の核心戦力。2機の作戦用ヘリコプターも搭載できる。

韓国初の国産駆逐艦で広開土大王級駆逐艦に分類されるヤツらしい。

一隻あたり7,056億ウォン(706億円)なり。

 

やっぱり韓国伝統のトップヘビー設計で、兵器も満載である(苦笑

最大速力30ノットというのがカタログスペックだが、日本の海自との合同捜索救難訓練(SAREX)で、色々問題を起こしたみたいな噂もあるな。


で、事の経緯は報告書に上がってきているらしいのだが、こんな感じだったようだ。

  昨年12月9日午前3時30分、全羅北道群山市沃島面於青島の西南110キロの海上で対潜水艦作戦中、発電機2台が突然警報を鳴ならして非常停止した。直ちに電源が切れた。真っ暗な海上に全長135メートルの巨艦が明かりもなく浮いていたのだ。当時「乙支文徳」には約170人が乗っていた。
  停電の5分後、艦長は「戦闘配置」指示を出した。非常事態を迎えた際に取る措置だ。「乙支文徳」の発電機は計4台。乗組員が残り2台の予備発電機を稼働させようとしたが作動しなかった。このため近くで作戦中だった「栗谷李珥」に発光信号を送り、交信を試みた。しかし距離が遠く、失敗した。平沢の西海第2艦隊とも交信を図ったが、今度は通信室の通信機が作動しなかった。通信室に置かれた非常バッテリー12個のうち9個が不良品で、電源が不足した。
  停電発生から25分後、ようやく第2艦隊と交信した。別の非常通信機を稼働して交信できたのだ。海軍は報告書で「非常通信機の準備状態が不十分で25分もかかり、艦隊に直ちに停電事態を伝えるのに十分でなかった」と明らかにした。

何だか凄い事が書いてあるが、大丈夫だろうか?

  • 対潜水艦作戦中、発電機2台が非常停止 → ブラックアウト
  • 予備発電機2台を稼働させようとしたが作動せず
  • 通信室の通信機作動せず → 非常バッテリー9個/12個が故障で電源不足
  • 停電発生後25分経ってようやく、他の船と交信
  • 2番発電機のガバナー(調速機)を固定して電源ONで、電源回復は停電発生より5時間近く経過した後だった

 

発電機のガバナーを固定して電源ONという措置も凄いが、そもそも予備発電機が2台とも作動しないというのがどうかしている。普段の点検とは一体何だったのか?予備の設備とは一体何だったのか!

兵士 : 「全電源喪失!発電機停止しました!」

艦長 : 「予備電源に切り替えろ!」

兵士 : 「予備電源装置起動!……ダメです、予備電源起動しません!」

何のコントだよ!

 

発電機のガバナーは僕の認識が正しければ、発電機のエンジンの回転数を一定に保つ機能を担い、言ってみればエンジンの負荷になり得る機構だ。だから、コイツを殺しておいてエンジンスタートってことは、バッテリーが弱っていても起動する可能性があることを示唆していて、後述する原因とも符合する。

だけどこれ、「壊してもOK」という起動方法だと思うんだが?まあ、問題無かったみたいだけど。

 

  しかし海軍はこうした事実を外部に公開しなかった。国政監査を通じて10カ月後にこの事故が明らかになった。事故の直後、海軍作戦司令部の主導で2回の調査・再調査が行われた。先端駆逐艦が止まったのは「不良バッテリー」が原因だった。

事態を隠蔽したくなる韓国海軍の気持ちもよく分かる。しかし、隠蔽したからと言って、どうなる話でも無い。

寧ろ、その後、独島級が曳航される羽目になったのだ。そして、その原因が発電機火災で、予備の発電機が設置されていなかったというお粗末な話だった。

去年12月の事件の反省が全く生かされていないでは無いか!

まあ、韓国軍だからなのだが(苦笑


事件自体、なかなか凄い話だが、原因も凄いぜ?

  海軍は報告書に「発電機の稼働中断は非常バッテリーが不良だったためと推定される」と判断した。また「停電事故発生当時、予備の機関操縦用バッテリー16個のうち62%の10個が性能低下品だった」と指摘した。

どんだけ、バッテリーの更新をケチっているのかと。

バッテリーなんて消耗品なのだ。韓国軍が、如何にメンテナンスを疎かにして、消耗品をケチって使っているか、と言う事だろう。韓国海軍が予算面でかなり厳しい情勢に経たされているという話は良く聞く。

だが、だったら使える兵器をいつでも使える状態に保つことこそが……、ってそれは正常な軍隊での考え方か。韓国には無理だな。

  安議員は「先端駆逐艦も普段の管理と整備が十分に行われていなければ戦闘状況で役立たないこともある」と述べた。

暢気だな、オイ。

「戦闘状況で役に立たないこともある」って、戦争中の国の議員がして良い発言じゃ無いと思うぜ?

 


米焼酎 のん気にくらしなさい 25度 720ml

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ