TPPと聖域

聖域とは一体何だったのか。

<TPP>農産物「重要5項目」も検討対象 政府・自民方針

毎日新聞10月6日(日)23時8分

 【ヌサドゥア(インドネシア)宇田川恵】自民党は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で、農産物の「重要5項目」を関税撤廃・削減の対象にするかの検討に入る。これまで重要5項目を「聖域」とし、関税交渉のテーブルに載せないとしていたが、関税分野の交渉が難航していることを受け、方針転換する。自民党が関税見直しの方向性を打ち出せば、政府も重要5項目の扱いの再検討に入る見通しだ。

これで又、国内の政府への批判は高まりそうだね。


ただ、僕はこれで良いのだと思う。

「聖域」扱いで守るべきものは一体何なのか?ということは今一度考えるべきであろう。

 自民党の西川公也TPP対策委員長は6日、TPP交渉閣僚会合が開かれたインドネシアのバリ島で記者団に対し「(重要5項目の中で関税維持の分野から)抜けるか抜けないかの(品目ごとの)検討はさせてもらわないといけない」と述べた。

ただ、どの分野を切り捨てるのか?というのは非常に慎重にならざるを得ない事情はあるだろう。

 閣僚会合で、TPP交渉の大筋合意表明に向けた動きが進んだことを踏まえたもので、西川氏は「党幹部と相談しながら、(重要5項目の関税撤廃の検討などの)ピッチを上げていく」とも説明。さらに「過去(の貿易自由化の際)、農林水産業を守る対策を打ったが、今回も打つのか検討したい」と述べ、関税の撤廃・削減にあたっては、農業対策の検討が必要との認識を示した。西川発言に対し、甘利明TPP担当相は「党で考えていただくのはありがたい。連携をとっていきたい」と応じた。

自民党は結局、この重大な判断に巻き込まれるのであり、これは仕方の無いことだ。

 

……民主党との違いは、政府と与党とで責任の擦り合いをしないことだろうか。


 コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖の重要5項目計586品目の関税を維持すると、自由化率は最大93・5%。しかし、米国などは90%台後半を求めるとみられている。重要5項目全てを聖域にしたままでは、関税交渉の決着は難しい。

この「米、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖」の何れかを、或いはその一部を犠牲にするのか、或いはTPPから脱退するのか、ということを検討せざるを得ない状況になっているのだろう。

うーん、「麦」を犠牲にしたらどうだろう?(提案

そして、それは減反政策の反動でもあるので、同時に「米」の政策を見直す必要があることを意味する。

いや、北海道や沖縄に対する政策も見直すべきなのかもしれない。

 

もちろん、TPPそれ自体が大きな問題を抱えているのであるから、安易に脱退するという選択肢がとれない以上に「聖域を守る」事だけで何かを解決できる話でも無い。

 一方、全国農業協同組合中央会(JA全中)などは2日、重要5項目の関税維持を求める緊急集会を開き、自民党の石破茂幹事長が「重要5項目は必ず(関税を)守る」と断言していた。聖域方針の転換で、農業団体や党内からの反発が噴き出すのは必至だ。

 

守るべきものが、農家の生活なのか、それとも日本の将来なのか?という話だ。

そう、少なくともJAを守るべき、って結論では無いだろうね。


農協の大罪 (宝島社新書)

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ