2013年1月18日金曜日

韓国の4大河川整備事業、失敗に終わる

韓国の4大河川整備事業と言えば、李明博政権が目玉としていた大規模公共事業である。それが失敗に終わったというニュースだ。

監査院、李政権の目玉事業酷評=「四大河川整備」-韓国

 【ソウル時事】韓国の行政チェック機関である監査院は17日、李明博政権が目玉としていた大規模公共事業「四大河川整備事業」について、「水質管理に問題が多い」などと酷評する監査結果をまとめた。聯合ニュースが報じた。
 監査結果によると、16カ所あるせきのうち15カ所は土台部分が流出または沈下。11カ所は補修工事もずさんで、6カ所で被害が出た。(2013/01/17-22:14)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013011701032

残念なことだが、後始末は大変そうである。

偶発的な日本と支那との衝突の危険性

偶発的に衝突、ということは起こりうる。日本と支那との間には現在、緊張が生まれており、これを回避することは極めて難しい。

偶発的な日中衝突の危険性…尖閣で米高官懸念

読売新聞1月17日(木)19時57分

 米政府高官は17日、一部日本メディアに対し、中国機や監視船が沖縄県の尖閣諸島の領域に侵入を繰り返していることについて、「これが続けば、偶発的な衝突の危険性が高まる」と語って強い懸念を示した。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0117/ym_130117_7348979257.html

偶発的な衝突が起きた場合に、その次にどのような対策が打てるのか?これはかなり難問だ。日本としてはもはや単独で何か手を打てる状況にないからだ。

国賊、鳩山由紀夫

まったくだ。

鳩山氏は「国賊」と防衛相

産経新聞1月17日(木)23時53分

 小野寺五典防衛相は17日夜、北京で中国要人と会談した鳩山由紀夫元首相が沖縄県・尖閣諸島は日中間の係争地だとの認識を伝えたことについて、「日本にとって大きなマイナスだ。中国はこれで係争があると世界に宣伝し、国際世論を作られてしまう。久しぶりに頭の中に『国賊』という言葉がよぎった」と述べ、鳩山氏を痛烈に批判した。BSフジの報道番組で語った。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0118/san_130118_2128690327.html

何で、鳩山由紀夫という男は、日本の利益のために行動が出来ないのか。

アレでも元総理大臣だから恐れ入る。日本人は、2009年の選挙の結果のツケを鳩山由紀夫が生きている限り払い続けねばならぬのか。