2013年1月23日水曜日

従軍慰安婦の捏造を推進したい韓国

迷惑な話である。歴史をコリエイトするのは自国の中だけにして欲しい。

シンガポールにも従軍慰安婦の少女像を建設、3月に場所決定=韓国

2013/01/23(水) 10:14

  韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)と告発ニュース・ドットコムは22日、元従軍慰安婦のキム・ポクドン(87)さんが日本軍に連行され、苦難を経験したとするシンガポールに、従軍慰安婦の少女像を建設することを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
  韓国メディアは、「シンガポールにも慰安婦少女像を建立」、「シンガポールにも慰安婦平和碑、少女像を立てる」などの見出しで伝えた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0123&f=national_0123_004.shtml

いわゆる従軍慰安婦は、架空の存在だというのに。

自衛隊法改正を目指すには、憲法改正が必須

安倍内閣は、アルジェリア人質事件発生を念頭に、自衛隊法改正を急ぐ方針のようだ。

<自衛隊法>改正を検討 陸路警護に「武器使用」足かせ

毎日新聞1月22日(火)22時40分
 政府・与党はアルジェリアの人質事件を受け、海外で災害・テロに遭った日本人を保護するための自衛隊法改正の検討に入った。自衛隊の航空機や艦船による邦人輸送は安全が確保された空港・港に限定され、今回のような内陸の現場から陸路での輸送・救出ができないためだ。だが、危険が多い陸路で邦人を警護するには現行の武器使用基準を拡大する必要があり、憲法が禁じる海外での武力行使との関係や隊員の安全確保など課題は多い。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0122/mai_130122_5851694326.html

しかし、馬鹿馬鹿しい話なのだが、日本には憲法9条という足枷があってなかなか法改正は難しいだろう。

アルジェリアの事件

アルジェリア人質事件、残念な結果になってしまった。ここに哀悼の意を表したいと思う。

深い悲しみ広がる=日揮

時事通信1月22日(火)13時15分

アルジェリアの人質事件で、プラント建設大手・日揮の日本人7人の死亡が確認されてから一夜明けた22日、関係者の間に深い悲しみが広がった。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0122/jjp_130122_9702904247.html

一部で、「何も出来なかった安倍政権」と、現政権を批難する声も出ているが、一体何が出来たというのか。

通貨まで支那依存の韓国

韓国最大の貿易相手国である支那。その支那と韓国との通貨交換資金を貿易代金の決済に活用する制度が始まったようだ。

韓国輸出企業 中国でウォン建て決済可能に

2013年01月18日09時13分

  【ソウル聯合ニュース】韓中間で通貨交換(スワップ)資金を貿易代金の決済に活用する制度が始まり、韓国の輸出企業は中国企業との取引でウォン建て決済が可能になった。
   韓国銀行(中央銀行)は17日、国内市中銀行12行と「韓中通貨スワップ資金の貿易決済支援制度」の約定を締結したと明らかにした。通貨スワップ資金の限度額は64兆ウォン(3600億元=約4兆8000億円)。

http://japanese.joins.com/article/900/166900.html?servcode=A00&sectcode=A00

凄い決断をしたものだな、韓国は。