2013年3月9日土曜日

TPP交渉参加で日本は国益を守れるか?

云われている話は当然といえば当然である。

TPP交渉参加、「後発組」に出された3条件

読売新聞3月9日(土)1時52分

 岸田外相は8日の衆院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)に関し、新たに交渉に参加する国に、〈1〉合意済みの部分をそのまま受け入れ、議論を蒸し返さない〈2〉交渉の進展を遅らせない〈3〉包括的で高いレベルの貿易自由化を約束する——といった条件が出されていることを明らかにした。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0308/ym_130308_5320283984.html

TPPの前提は、聖域なき関税撤廃である。そんなことは最初から分っている話で、だが、各国がそれでは協定が結べないので、ある程度妥協できる部分を模索しよう、というのが、基本である。