2013年3月28日木曜日

対馬市議会のバカが露呈

ネタだよな?

対馬「日韓トンネル建設を」 長崎

産経新聞 3月28日(木)7時55分配信
 長崎県対馬市議会は、九州本土から壱岐、対馬を経て韓国まで全長200キロ以上を結ぶ「日韓海底トンネル」の早期建設を国に求める意見書を可決した。平成20年には九州選出国会議員を中心に「日韓海底トンネル推進議員連盟」を結成したが、構想は前進していない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000070-san-l42

日韓トンネルなど建設して、日本に一体何の得が?

燃える韓国ポスコ

数日前のニュースだが、こんな事件があった。

ポスコの浦項製鉄所で火災 溶融炉爆発か=韓国

2013/03/22 21:39

【浦項聯合ニュース】韓国南東部にある韓国鉄鋼最大手ポスコの浦項製鉄所内の工場で22日午後8時10分ごろ、火災が発生した。警察によると溶融炉の爆発による火災とみられる。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/03/22/0800000000AJP20130322004000882.HTML

以前にも経営状態がヤバイことは記事にしたが、財政状態が火の車ばかりか、実際に工場まで燃やしてしまっては世話はない。

海賊被害を防ぐ為の法案が提出される

これまで放置されてきたこの問題もようやく動き出した。

海賊被害防止で日本船に武装警備員…法案提出へ

読売新聞3月28日(木)8時17分

 アフリカ・ソマリア沖などでの海賊被害を防ぐため、国土交通省は周辺海域を航行する日本船に、ライフル銃を所持した民間武装警備員の乗船を認める「日本船舶警備特別措置法案」を今国会に提出することを決めた。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0328/ym_130328_9539412304.html

だが、僕はこの法案提出には不満がある。

与那国への陸自配備見直し

あらあら、スルーしてしまった記事があったようで。

陸自与那国配備見直しも 防衛相「要請の前提崩れた」

2013.3.26 22:06
 小野寺五典防衛相は26日の記者会見で、与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画について「地元の理解が得られない状況なら計画全体を含め検討する」と述べた。部隊の拠点を置く用地の売買や賃貸借契約をめぐり町との交渉が難航していることを受け、配備計画自体を見直す可能性に言及したものだ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130326/plc13032622080022-n1.htm

この話、「与那国町が防衛省にふっかける土地代10億円は適正価格か」という記事でも言及したが、与那国町の対応にちょっと疑問がある。

尖閣諸島は固有の領土と外交青書に明記

当たり前の話だが、支那はまた騒ぐのだろうな。

尖閣諸島は固有の領土」外交青書で明記へ

読売新聞3月28日(木)7時7分

 2013年版外交青書の原案が27日、明らかになった。

 尖閣諸島について「歴史的にも国際法上も我が国固有の領土であり、解決すべき領有権問題は存在しない」と明記した。政府の立場を説明したものだが、こうした表記は、近年の青書では控えていた。4月5日の閣議に報告される。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0328/ym_130328_1775423621.html

だが、支那が幾ら騒ごうと、こうした真っ当な主張をしっかりすることこそが重要なのである。