2013年4月9日火曜日

支那の鳥インフル死者8名に

わーお、日に日に犠牲者が増えているんだが。

H7N9型鳥インフル、中国の死者8人に

読売新聞4月9日(火)20時22分

 【上海=吉田健一】中国の江蘇省衛生局は9日、鳥インフルエンザ(H7N9型)に感染し、重体となっていた同省蘇州市の男性(83)が同日午後、病院で死亡したと発表した。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0409/ym_130409_3229376922.html

これでもまだ「安全」か?

TPP交渉国と合意へ一歩前進

これが外交というものなのだろうな。

TPP全交渉国と合意へ、加・豪・NZ近く承認

読売新聞4月9日(火)14時48分

 日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を巡り、近く参加11か国すべての承認を得られる見通しとなった。

http://news.biglobe.ne.jp/economy/0409/ym_130409_5033817430.html

TPP交渉参加への是非はともかくだ、野田政権ではついぞ一歩も前に進まなかったのに、安倍政権では4ヶ月でここまで漕ぎ着けた訳だ。

支那の安全は信用できない

まあ、 「安全だ」とか「直ちに影響は無い」とか、「トラストミー」とか、信用できない言葉になりつつあるよね。

豚にアヒル、鶏…大量死にも「安全宣言」の中国地方当局へ不信と不安高まる

2013.4.9 12:01

 【北京=矢板明夫】鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染が広がりを見せている中国で3月以降、各地の川や湖で大量の動物の死骸が相次いで発見され、飲用水や食の安全に対する市民の不安が高まっている。風評被害の拡大を警戒する中国当局は、メディアに対し報道規制を強める一方、はやばやと安全宣言を発表するが、それが市民の不信感を一層募らせている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130409/chn13040912080002-n1.htm

「安全宣言」(笑)これもまた、「事故終息宣言」並に信用できない言葉だな。

「脱原発」を訴える原理主義者達が起訴される

この手のエコテロリスト達、最近増えてきているよね。

経産省前「脱原発」テント、国が撤去求め提訴

読売新聞4月8日(月)18時46分

 脱原発を訴える市民団体が経済産業省前の国有地に設置しているテントについて、国が団体の代表者ら2人を相手取り、テントの撤去などを求める訴訟を3月29日付で東京地裁に起こしたことがわかった。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0408/ym_130408_0905042095.html

目的のためには手段を選ばない、そして、目的を見失って手段が目的化するという悪循環に気付いては居ないところがまた恐ろしい。

PAC3も首都圏防衛のために展開

ふむ、昨日の記事では配備しない、まさか?と思っていたが、やっぱり配備はするようだ。

<北朝鮮>ミサイル発射に備え空自PAC3も展開

毎日新聞4月9日(火)2時30分

 政府は、北朝鮮のミサイル発射に備えるミサイル防衛(MD)システムのうち、第2段階にあたる航空自衛隊の地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を、9日に東京・市ケ谷の防衛省などに展開させることを決めた。7日に発令した自衛隊法に基づく破壊措置命令を修正し、当面は首都圏や主な地域を防衛できるようにする。今後は北朝鮮の発射予告などの情報に応じ、警戒が必要な地域への重点配備を検討する。

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0409/mai_130409_2931741923.html

本当に方針を変更したのか?というところは怪しい感じもするが、不測の事態に備えること自体は良いことだと思う。今回は北朝鮮も進退窮まって暴発、と言う可能性があるからね。