2013年6月26日水曜日

東トルキスタンで再び暴動

再び、というのはこのブログで取り上げるのが再び、であって、割と頻繁に起きているようだ。

新疆ウイグル自治区で暴動、27人死亡 新華社通信報道

朝日新聞デジタル 6月26日(水)14時40分配信

 【北京=林望】中国国営新華社通信(英語版)は26日、中国新疆ウイグル自治区北東部の町で「暴動」が起き、ナイフなどを持った武装グループが地元の警察署や政府機関を襲って、警察官や市民ら17人を殺害した、と伝えた。武装グループのうち10人が警察官に銃殺されたという。
 警察当局は武装グループの3人を拘束、逃走したメンバーの行方を追っている。

武装グループ、といっても本当に武装していたかどうかは怪しいものだ。そして、銃殺である。やり過ぎだろう。

ホルムズ海峡の封鎖に備えよ

ちょっと前のことになるが、北海道新聞が香ばしい記事を書いているようだが、ホルムズ海峡の事に関してはもっと真面目に考える必要があるだろう。

日ロ油田開発 経済交流広げる好機に(6月3日)

 日本とロシアがオホーツク海で海底油田の共同開発に乗り出すことになった。

 国際石油開発帝石(INPEX)とロシア国営石油会社ロスネフチが合意し、ロシア極東マガダン州沖で2020年代の採掘を目指す。

 日ロ両国によるオホーツク海での油田開発は「サハリン2」以来だ。

 日本にとって資源の調達先を広げることは安定供給を進めるうえで欠かせない。原油の輸入価格を引き下げる効果も期待できる。

北海道新聞のスタンスとしては、ロシアと連携して油田開発をしろ、ということらしい。が、ロシアと手を組むのは非常にリスクが高いのも事実だ。

安倍氏への問責決議案を提出する愚

ばっっかじゃねーの!

野党3党 安倍首相への問責決議案を提出

< 2013年6月26日 2:02 >

 国会は26日、会期末を迎える。一部の野党が25日、安倍首相に対する問責決議案を提出するなど、与野党の攻防が続いている。

この話を聞いたときは耳を疑った。

え?何の理由で?って。

長距離弾道ミサイル開発に着手せよ

いやいや、短距離ミサイルとか行ってないで、長距離ミサイルを開発しようぜ!

防衛省、短距離弾道ミサイル開発を検討 大綱案明記へ

2013/06/26 08:21

防衛省が短距離弾道ミサイルの開発の検討に入ったことが25日、分かった。射程は400~500キロを想定し、沖縄本島に配備することで中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)など東シナ海の離島侵攻への抑止力強化を目指す。7月にまとめる防衛力整備の基本方針「防衛計画の大綱」改定案中間報告に明記、平成26年度予算案概算要求に調査研究費を計上したい考え。

離島侵攻への抑止力強化、という意味では確かに開発しておくことは良いのだろうが。

鳩山発言に開いた口がふさがらない菅氏

もう、どうしようも無いバカを、合法的に拘束する方法は無いのだろうか?

菅長官「開いた口がふさがらない」 鳩山氏の尖閣発言批判

2013/06/25 20:06

 菅義偉官房長官は25日、鳩山由紀夫元首相が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張する中国に理解を示す発言をしたことに関し「国益を著しく損なうもので、断じて許すことはできない」と強い不快感を表明した。政府関係者は「国際社会が『日本より中国の主張の方に理がある』と受け止めかねない」との懸念を強めている。

 菅氏は記者会見で、鳩山氏の言動について「開いた口がふさがらない。憤りを感じる」と批判した。同時に「鳩山氏はこれまでも無責任な発言で、政治の混乱を招いた」と指摘。「政府の立場は明確だ」と述べ、尖閣は日本固有の領土だとの認識を強調した。

全く同感である。