2013年7月5日金曜日

沖縄の負担と海兵隊の一部機能をグアムに移転と

2006年辺りからの話なので、なかなか時間がかかっている話なのだが、沖縄の負担軽減という面について、こうした話も理解しておく必要があるだろう。

海兵隊グアム移転推進で日米一致

2013年7月4日 16時23分(19時間6分前に更新)

 【ワシントン共同】米ハワイ訪問中の小野寺五典防衛相は3日、太平洋軍司令部があるキャンプ・スミスでロックリア司令官と会談し、在沖縄海兵隊のグアム移転を着実に推進していくことで一致した。小野寺氏は、米軍普天間飛行場に配備されている新型輸送機オスプレイの県外での訓練実施に協力を求めた。

支那がきな臭くなってきているので、直ちに移転が望ましいかどうかはよく分からないのだが。

支那、疑惑隠しを図る

この記事が直ちに何かに影響する訳ではないんだろうが、支那のデータの信憑性を疑う理由が又積み上がったということだろうか。

中国:PMIの一部データ公表停止、経済分析の新たな障害に

7月5日(ブルームバーグ):中国は製造業購買担当者指数(PMI)の月間統計で特定の業界に関するデータ公表を停止した。当局者は大量の回答結果を分析する時間が足りないと説明している。
製造業者購買担当者指数と言われてもピンとこないのだが、この話は昨日の記事とリンクする。

TBSの取材を拒否する自民党

少しはお灸を据えるのも良いんじゃないか?報道機関にとって取材拒否はかなり痛い。

自民、TBS取材や出演を拒否 党幹部級、報道内容受け

朝日新聞デジタル 7月5日(金)5時20分配信

 自民党は4日、TBSの報道内容について「公正さを欠く」などとして当面の間、党役員会出席メンバーに対するTBSの取材や出演要請を拒否すると発表した。

しかし、公正さを欠く報道機関なんて挙げればキリが無いほどなのだから、見せしめ的な意味合いが強いのだろうな。

支那経済と水増しとマネーゲームと

先日、4割水増しとかいう話があったが、どうやら関連のニュースのようだ。

輸出入が前月比3割以上減=「水増し」消えた中国・深セン

【香港時事】中国の代表的な経済特区である広東省深セン市の5月の輸出は210億3400万ドルで、前月比35.3%減少した。輸入も39.1%減の161億5300万ドルだった。同市統計局が2日までに発表した。
 貿易規模が市として全国最大級の深センの輸出入が、これほど大幅に減るのは極めて異例。香港から投機資金を持ち込むための架空取引が取り締まりで急減し、統計上の水増し分がなくなったためとみられる。(2013/07/02-18:43)
先日の記事が6月の記事で1~4月分ってな話だったから、正確な報告を使用としたら輸出で3割5部減、輸入は4割弱減ったという話らしい。