2013年7月23日火曜日

テキサス親父と慰安婦と

テキサス親父と言えば、youtubeで結構有名人である。
字幕【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はコレだ!と親父ブチギレの巻! - YouTube

この書類はこちらから → http://texas-daddy.com/comfortwomen.html
なかなかアグレッシブな親父だが、親日派である。有り難い話だが。

自民が憲法改正の議論を推進

時間がかかることは分かっているのだろうが、国民も憲法改正の必要性についてはある程度理解して居ると思う。問題は、何を、どう変えたいか?という点を明確にすることである。

自民、憲法改正草案の「国民対話集会」検討

自民党は党の憲法改正草案を国民に直接説明する「対話集会」を開く検討に入った。石破茂幹事長は22日、記者団に「ものすごく時間がかかるが、手を付けなければ理解は進まない」と強調。参院選での大勝を受けて憲法改正に踏み出す前に、国民の懸念を和らげる狙いがあるようだ。

取り敢えず、3年間くらいは自民党政権を続けられる目処が立ったので、時間をかけてもやるべきだろうな。

韓国外交空振りの連続

クネクネも素振りが得意だね。

韓国主導、乗らぬ米国・中国 3カ国の戦略対話

2013.7.22 23:00

 【ソウル=加藤達也】韓国は22日、米国、中国の政府関係者と専門家をソウルに招き、3カ国による「戦略対話」を行った。米中韓3カ国の枠組みは、朴槿恵政権が北朝鮮問題で韓国の主導権を何とか確保しようとの思惑から構想されたものだ。しかし米国と中国がそれぞれ日本、北朝鮮に配慮し消極的な姿勢で、結局、官民合同の形式にとどまり、朴大統領の狙い通りにはいかなかった。

まー、アメリカにしてみたら、日本と韓国どちらを選ぶと言われたら、答えは明確だもんね。

支那がせまる「関係改善の努力」

いや、日本としては対話のドアはいつでも開いているって。

中国外務省報道官「日本は関係改善の努力を」

2013.7.22 23:02 [日中関係

 【北京=川越一】中国外務省の洪磊報道官は22日、参院選で与党が大勝し衆参のねじれが解消されたことを受け、「日本側が誠意を持って諸問題を適切に処理、解決し、両国関係の改善のため努力するよう希望する」との談話を一部メディアに表明した。

支那が要求しているのは、「取り敢えず土下座しろ、話はそれからだ」ってことだろ?だが、今回の選挙でも安倍政権の姿勢は評価されている。そんな脅しには屈する事は出来ないな。