2013年9月19日木曜日

自虐史観からの脱却

こんな施設があちこちにあるのだから、日本もまだまだと言う事だろう。

「南京大虐殺」展示撤去へ ニセ写真、歪曲相次ぎ… ピースおおさか

産経新聞 9月18日(水)15時13分配信

 大阪府と大阪市が出資する財団法人「大阪国際平和センター」(ピースおおさか、大阪市中央区)で、日中戦争中に旧日本軍が行ったとされ、信憑(しんぴょう)性をめぐって議論が分かれる「南京大虐殺」に関する展示が撤去される見込みであることが18日、分かった。25日から始まる府の9月議会で基本設計案(中間報告)が報告され、戦後70年となる平成27年度までのリニューアルを目指す。自虐的な「偏向展示」で知られた同施設は、ようやく正常化に向けてかじを切る。

名前からして凄い施設だ。「ピースおおさか」とは(愛称らしいが)。

TPPで模倣・海賊版防止の合意

牽制になる……のか?

TPP、模倣品・海賊版防止で合意…中国けん制

読売新聞9月19日(木)7時33分

 環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で焦点の一つとなっている知的財産の分野で、模倣品や海賊版の取り締まりに向け高水準のルールを導入することで参加12か国が合意したことがわかった。

まあ、支那、韓国、台湾のコピー商品は世界中で有名だし、そのうち近年、台湾だけは何とか独自技術方向に舵を切った感じだがやっぱりコピー商品は多い。これに歯止めをかけたいという願いは当然あるだろう。問題の3カ国は(台湾は地域ってことになってるが)TPPに参加していないしね。