2014年3月10日月曜日

インドネシア製鉄所を巡る住民デモ

どうやら、インドネシアで住民デモが勃発しているようだ。

クラカタウ・ポスコへのデモで騒動

2014年3月8日10時40分

スラン(SERANG)-3月7日金曜日、数千人のチワンダン市民が、クラカタウ・ポスコ社の操業停止を求めてデモを行なった。周辺の環境を汚染したと主張している。このデモはクラカタウ・ポスコ社の正門と鉄鋼校以上の東ゲートの2カ所で行われた。

注:機械翻訳を使っています

以前に記事にした製鉄所の事故だが、ネットでは必死に否定する人物が居るようだ。では、事故が起きなかったのだとしたら、デモ騒動が起きているのは何が原因だというのだろう?

オバマ氏はウクライナの民主主義を否定する立場か?

何やら、オバマ氏の暴走が止まらない。

米大統領、各国首脳と住民投票反対で一致

< 2014年3月9日 15:18 >

 アメリカのオバマ大統領は8日、イギリス、フランスなどの首脳とウクライナ情勢について電話会談し、南部・クリミア自治共和国で今月16日に予定されている住民投票の実施について反対する立場で一致した。

住民投票の結果を認めない、とかなら未だ分かるが、住民投票を認めないって、どういうことよ?

集団的自衛権と公明党の対応

昨今では集団的自衛権についての問題が騒がれている。

公明党 集団的自衛権で勉強会へ

3月10日 4時23分

公明党は、集団的自衛権の行使容認を巡る与党内の協議に備えて、今月中にも集団的自衛権の行使は認められないとする、これまでの政府の憲法解釈の成り立ちなどを検証する勉強会を始めることにしています。

今更勉強会とは、公明党は随分と暢気な話だな。

継承すべき河野談話

神奈川新聞がなかなかふざけた記事を載せていたので、まず紹介しよう。

河野談話検証

2014年3月8日

 過去を真摯(しんし)に直視し、教訓を得るに当たり、客観的かつ建設的に歴史を調べることは欠かせない作業であると言えよう。それでは、関連する記録がない場合はどうするか。体験者の証言が極めて重要な意味を持つのは当然であろう。

出だしから、「証言が極めて重要」とか言い出す辺りが救い難い。