2014年8月8日金曜日

CLT工法は日本の林業を救うか?

木工の世界ではCLTはかなり有名になっているようだが、一般消費者には未だ耳慣れない言葉だ。

新型の大判建築材CLTでモデル施設 道内初、留辺蘂・ウッドピア カラマツ活用

(08/02 16:00)

 【北見】木材関連13社でつくる協同組合オホーツクウッドピア(和田修理事長)=北見市留辺蘂町=は本年度、地元産カラマツを使い「クロス・ラミネイティド・ティンバー(CLT)」と呼ばれる新しい方法で作った大判の建築材で、道内初のモデル施設を組合敷地内に建設する。CLTは欧米を中心に普及しており、日本でも普及すれば道産木材の需要拡大につながるとみられ、関係者の期待が高まっている。

建築材料としては注目の素材らしいんだが。

韓国軍、スマホ解禁

え?

韓国軍、兵士の孤独感解消のためにスマホ解禁を検討―中国報道

2014年08月07日

中国メディア・中国新聞網は6日、韓国で同日行われた「官民軍軍隊キャンプ文化革新委員会」設立式典で発表された資料から、韓国軍が兵士の孤独感を解消するためにキャンプ内でのスマートフォン使用許可を検討していることが明らかになったとする韓国メディア・聯合ニュースの報道を伝えた。

ゴメン、言っている意味が分からない。