韓国海軍、水上救助艦「統営」を4月にも実戦配備

……実戦配備?

韓国海軍の水上救助艦「統営」、ソナー装備せず来年4月に実戦配備

2014年12月31日08時46分
  性能未達のソナー(HMS)と水中無人探査機(ROV)の超音波カメラを装着し防衛事業不正捜査の導火線となった3500トン級水上救助艦「統営(トンヨン)」が30日に海軍に引き渡された。海軍のユ・ヨンシク政訓公報室長は、「このほど実施した作戦運用試験再評価で統営はHMSとROVを除いたすべての装備の性能が正常と判定された」と話した。主要装備であるHMSとROVはない状態だが、ひとまず統営を運用するというのが海軍の計画だ。
ソナーが無くても実戦配備だと?
どんな実戦を想定しているのやら。


統営艦関連のニュースも驚きのニュースが多い。
もう、タイトルを見るだけでもお腹いっぱいになれる。tonyon
  ユ室長は、「統営は3カ月間の戦力化過程を経て来年4月から実戦で活動することになるだろう」と話した。
  戦力化過程といは造船所から引き渡された艦艇の性能を改めて確認し、乗務補助員が装備作動法などを熟達することを言う。これにより予定より引き渡し日程が1年以上遅れる曲折の末に来年上半期にも実戦に投入されることになった。
戦力化は遅れに遅れて、予定より1年以上も遅れてようやく辿り着いたのだが、未だに問題が山積みだというのだから恐ろしい。

まあ、ソナー(HMS)が魚群探知機だろうと、水中無人探査機(ROV)のブラックボックスを開けてしまったせいで、修理すらおぼつかない状況ではあるが、この主力2つの装備がなくても、海難救助の拠点くらいにはなれるよね。

  だがHMSのような主要装備がない状態でまともに作戦ができるかとの指摘も出ている。海軍関係者は、「救助艦は通常、機雷除去を行う掃海艦と一緒に行動して作戦を展開するため、有事の際に合同作戦を行えば救助作業に問題はないだろう。最大限早期に完璧な装備を備えられるよう努力する」と話した。
いや、韓国の機雷除去をおこなう掃海艦って、排水量が500t程度の小型艦なんですが、積んであるソナーってそんな優秀なものなんすかね?
江景級掃海艇が6隻で次級の襄陽級掃海艇が3隻というのが、現在の韓国海軍の掃海艇のラインナップなんだけれど、どちらのソナーも割としょぼいorz

まあ、戦力化できることが目標かもしれないから、仕方が無いんだけどね。
ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント