2015年1月13日火曜日

韓国でビル火災発生、被害拡大の理由は

ビル火災自体は痛ましい出来事なんだが……。

議政府アパート火災で大量の黒煙、建物の外壁仕上げ材「ドライビット」が原因

入力 2015.01.10 18:18 | 修正 2015.01.10 18:28
【ソウル=ニューシース】バクソンファン記者=京畿道議政府の10階建てのアパートで発生した火災による被害規模が大きくなった原因で建物の外壁仕上げ材が指摘されている。
被害が拡大した原因は、例によって韓国の建築手法が問題だったようだ。


4人が死亡、124人が負傷という大事故に発展した韓国のビル火災だが、その原因が余りにお粗末というか。
場所は、韓国京畿道議政府という地域。ソウル特別市の北郊に位置し、ソウル防衛のための韓国軍基地や在韓米軍基地が集中している都市なんだそうで。
火事の原因は、どうやら駐車場に停められたオートバイだったようだ。
イメージとしてはこんな感じの4輪のオートバイらしい。

韓国議政府のマンションで火災…3人死亡、101人負傷

2015年1月10日 16時17分
10日午前、京畿道議政府(ウィジョンブ)の10階建てマンションで火事が発生し、3人が死亡、101人が負傷した。
国民安全処と消防当局によると、10日午前9時25分ごろ、京畿道議政府市の議政府駅付近にあるマンション1階の駐車場で出火した。駐車場の車20台がすべて燃えて火はすぐに上の階に移り、さらに隣接する建物にも広がった。

ソースによっても負傷者や死者はまちまちだが、それだけ混乱していると言うことだろう。



被害が拡大した理由は、火の回りが余りに早かったことのようだ。
ビル火災1ビル火災2
こんな感じの黒煙が大量に発生して、消防のヘリが近づくのも難しかった模様。
更に、建物周囲の道路が狭く、道が混雑していたお陰で初期消火が遅れたのも、火事の被害者が増える原因となったようだ。



で、この記事では建物の構造と、消火設備の問題について指摘されていたので、言及していきたい。
まず、冒頭の記事だが、「ドライピット」という名前が挙がっている。これが被害を拡大した原因の1つだと言われている。
実際の火災建物の外壁仕上げ当時ドライビット工法が使用されているものとみられる。ドライビット(drivit)は外壁仕上げ材方式の一つでコンクリートの壁に発泡スチロール断熱材を付ける方式である。
……発泡スチロール大人気だな!
ビル火災3
壁面が剥がれ落ちている様子が分かるが、白いのは問題の発泡スチロールだろうか??
施工が簡単で容易になり、工期を短縮することができ、工事費やはり半分以下に減らすことができており、集合住宅や住商複合ビルなどの建物の外壁仕上げに多く使用される。また、防水性と断熱性が優れていることが知られている。
そりゃ、発泡スチロールならば断熱性はあるだろうし、低コストに仕上げられるだろうよ。

……日本にもドライビット工法を用いたビルはあると聞く。
ただし、日本の場合は厳しい防耐火基準が定められており、同じようにドライビット工法が用いられる欧米でも多層階防火試験というのがあって、これにも通用する基準となっている模様。
大抵は、自己消化性がある難燃素材が断熱材として用いられるのが普通だ。
dry_dan
このドライビット工法のネックは、やはりコスト。面倒な施工方法に加えて防火基準をクリアできるような素材を選ぶ必要があるので、断熱性に優れている上に結露しにくいので建物の寿命を長く出来るというメリットと引き替えに、コストが、というのが建築業界的な常識である様だ。

韓国では耐火性を犠牲にして安く仕上げたって事らしいな。
で、記事ではこの言いぐさである。
匿名を要求した建築工事業者の関係者は、「ドライビットは、大理石や花崗岩など、他の仕上げの比べて価格がはるかに安い」とし「施工も容易に工期を短縮することができ、通常に多く使用する」と述べた。しかし、外部からの衝撃や火災に脆弱である。特に火災時瞬く間に広がって、有害物質などの多くの黒煙が発生することもある。
いやいや、ドライビッド工法が悪いわけじゃ無く、難燃性の素材を選ばなかったことが問題だと思うんだが?

そして、スプリンクラー。
 報道によると、火元の建物は2013年に入居が始まった新築マンション。出火時、火災警報は作動せず、避難を指示する放送もなかった。スプリンクラーも設置されていなかったという。
http://www.sankei.com/world/news/150110/wor1501100076-n1.html
火災報知器が作動しないのも問題だが、スプリンクラーはどうなのよ、という感じ。
日本では消火設備設置基準が設けられていて、今回の雑居ビル的な建物の場合は防火管理者の設置やら4階以上の建物などには床面積に応じてスプリンクラー設置が義務づけられているようだ。
韓国の法律では11階以上の建物にスプリンクラーの設置義務が課されており……、今回の10階建ての建物は基準外。
被害拡大の要因になったようだけれど……、出火から10分程度で屋上まで燃え広がるというような火事の勢いだったようなので、果たして効果があったかどうかは疑問だ。
地下鉄火災の際にも色々問題があったようだけど、韓国の建築基準はかなり緩いというか何というか……。人命が一番大切だと思うんだが。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。