インドは、潜水艦の設計実績の無い現代重工と潜水艦事業に乗り出す模様

カテゴリー的には、「お笑い韓国軍」に関連するような話だけど。

現代重工業、インドの潜水艦事業に進出

2015年01月20日08時55分
  現代重工業がインド海軍の潜水艦戦力増加事業に進出する。現代重工業関係者は19日、インドの造船会社HSLと潜水艦建造に向けた覚書を締結したと明らかにした。HSLはインド海軍が発注した6隻の潜水艦受注事業に参加するため現代重工業に支援を要請した。現代重工業関係者は、「HSLはインド最大の造船会社なので受注の可能性が大きい」と話した。計画通りであれば戦略物資である潜水艦建造はHSLの現地造船所で担当し、現代重工業は潜水艦建造に必要な人材を派遣して技術を指導する方式で協力する見通しだ。インド政府はこの事業に6000億ルピー(約1兆1458億円)を投資する。このほかにも現在インド政府は潜水艦戦力増強に向けた40年間にわたる中長期計画を立て推進中だ。
インド、超逃げて!!


この話をする前に、お笑い韓国軍カテゴリーのリンクを貼っておこう。
基本的な流れはこちらの記事を読んで貰えば、十分分かる笑えると思う。
が、一応、韓国軍は、未だドイツの技術を核にした潜水艦しか作ったことが無い。韓国が保有するのは209型をベースにした張保皐級潜水艦と、214型をベースにした孫元一級潜水艦だけなのである。bae15ffe
無論、核となる技術は全てドイツから輸出されている。
  HSLは現地メディアとのインタビューで、「現代重工業が世界トップの造船会社という名声に相応する技術と装備をわれわれに提供するもの。現代重工業もインドという潜在力のある市場にアプローチできるようになり、今回の協業は一言でウィンウィンだ」と歓迎した。
ういんういん~♪


いやね、HSLが盛大な勘違いをしているのだが、韓国の技術を使うことは即ちドイツの技術を使うことになるんだぜ?
当然、ドイツの許可無くして作る事は叶わないし、今まで作った潜水艦でまともに機能しているのは、型の古い張保皐級潜水艦の方なんだ。

  最近深刻な受注不振に陥っている現代重工業としても今回の事業を通じ新たな未来成長動力を確保するというメリットがある。潜水艦に装備されるバッテリーもやはり韓国企業のコカムとの技術提携を通じ作られるという。
現代重工が深刻な業績不振に陥っているのは、単純に造船業が芳しくないからである。
安い船は支那が受注し、高い船は日本が受注する。
韓国はその間に入る事が出来ないので、ひたすら巨大化を目指しているわけだが……、潜水艦に必要なのは造船技術とは又異なる技術なのである。


そう言えば、インドネシアの製鉄所が爆発した話があったが、その後は芳しくないらしいぜ?
んでもってさー、インドネシアが買ったFA-50がどんな状況にあるかは、知らないわけでは無いでしょうに。
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、インドは2009年から2013年までの5年間に武器輸入額が年平均29.3%増加した。輸入規模もやはり世界1位だ。産業経済院は「インドは老朽装備の近代化計画により今後5年間に総額769億ドルを武器購入に使うものとみられる。韓国の潜水艦と曲射砲、レーダーのような武器類は価格競争力など比較優位が十分だ」と予想する。
おー、おー、韓国人お得意の幸せ回路が順調に働いているみたいだけど、韓国の潜水艦も、曲射砲も散々な結果をたたき出していることはお忘れかな?
レーダー?え?魚群探知機?
これに対しインド海軍は現在2012年からロシアから借りて運用中の原子力潜水艦1隻のほか旧型ディーゼル潜水艦14隻を保有しているのがすべてだ。これら潜水艦のうち半分以上は1980年代に建造されたものだ。潜水艦関連事故も絶えない。2013年にはロシア製潜水艦が突然爆発して沈没し18人の水兵が死亡したのに続き、昨年も訓練中だった潜水艦で原因不明の煙が発生する事故が起き、将校2人が行方不明となった。
言っちゃあ悪いが、ロシアの型遅れのディーゼル潜水艦の方が、韓国軍が運用している最新鋭の潜水艦よりも性能は上だぜ!
ロシア製潜水艦の信頼性が低いのは、ある意味仕方が無い部分がある。ロシアの技術そのものの信頼性も低いのだろうが、それ以上に老朽化が激しい。
そして、インドの技術者のメンテナンスレベルがお粗末なのだろう。

だが、それでも現代重工に頼るようでは高い授業料を支払わされる結果になりかねない。丁度、オーストラリアがやったような話になれば、インド国民は多くの血税をドブに捨てる結果になるわけだ。
せめて、ドイツから直接買おうぜ?
目を覚ませよ!!


ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


コメント