2015年1月23日金曜日

インフルエンザに気をつけよう

流行ってるからね。

インフル警報レベル続く=患者横ばい、200万人―感染研

時事通信 1月23日(金)11時57分配信
 国立感染症研究所は23日、全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者が、18日までの1週間に推計で約201万人に上ったと発表した。定点報告を受けている全国約5000の医療機関の患者数は平均37.00人で、警報レベルの30人を引き続き超えている。
僕の周囲でもまた、ヒタヒタとインフルエンザの脅威が迫りつつある訳で。


国立感染症研究所のデータをまず引用しておこう。
map
……真っ赤ですな。


まあ、毎年のことなので余り驚く事では無いんだけれども、それでも赤い面積が広いので、十分に注意されるのが良いのかと。
患者数
こちらは患者数の報告。
本当ならばこちらも国立感染症研究所のデータを使いたかったのだけれど、グラフ化するのが面倒だったので、RELENZA.jpより引用している。
で、情報は「MLインフルエンザ流行前線情報データベース」からのものらしいので、国立感染症研究所のような定点観測データでは無いことに注意されたい。
ちなみに1月に患者数が落ち込んでいるのは、医師による自主的な報告を元に患者数をグラフ化しているので、正月休みが影響しているのだと思われる。


患者数の増加傾向からして、まだまだインフルエンザは猛威を振るうだろうと思われる。
比較
こちらは国立感染症研究所のデータで、赤の太線が今年の状況を示している。2015年のデータが無いのだが、増加傾向にある事は見て取れ、更にグラフの傾きなどからも、まだまだ患者数が増える可能性を示唆している模様。


流行っている以上は、効果が薄かろうが予防をすべきである。
先ずはマスク。
まあ、無いよりマシ程度の効果だとも言われているが、それでも口の周りの湿度を高めることでの予防効果はあるそうな。混雑する場所に行くのであれば、あった方が良い。
ああ、使い回しは避けた方が良いので、毎日新しいのを使うこと。
手洗いうがいも又、予防効果はある。
マスクと併せて使えばより効果は高いだろう。
あとは加湿器かな。
これも予防効果が多少はあるそうな。使いドコロは難しいのだけれど。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ




0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。