2015年1月12日月曜日

韓国高校生、辺野古ゲート前でテコンドーで抗議

……沖縄だろ?

韓国高校生12人も抗議 辺野古ゲート前 テコンドー披露し連帯

2015年1月7日 
 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では7日も、米軍普天間飛行場の移設に反対する市民らが抗議行動を展開した。午前10時ごろから約50人がゲート前に座り込み、新基地建設への反対を表明した。
日本にナニしに来たんだよ。


この記事は2重の意味で理解がしがたい。
1つは、沖縄の辺野古ゲートに何故韓国人が、ということ。
他国に来てまで基地移設反対というのが、全く意味不明である。
もう1つは、何故、韓国人が移設に反対するのか?ということ。
辺野古の基地は、韓国にとっても他人事では無いのだが、そういう意識は無いのだろうか?サヨクならでは、って事かな。
韓国有事の際に、在日アメリカ軍がまともに機能しない状態では自国にとって不利だと言うことが理解できないのだろうか?韓国の高校生にとっては徴兵は目と鼻の先に迫っている。自分の徴兵任務期間中に有事になった場合、アメリカ軍が迅速に行動してくれた方が身の安全を確保しやすいのだろうに。


まあ、記事のこの辺りに僕の疑問に対する答えが有るのだと思う。
平和学習の一環で沖縄を訪れている韓国の以友高校の学生12人も座り込みに参加し、ゲート前でテコンドーの演舞を披露した。
「平和学習」の一環なのだそうだ。

韓国にとって、平和を維持するためには支那との付き合いは避けられない。そんな中、支那の意向を汲んで在日米軍基地が機能不全に陥ることは、彼らにとっては有用だと思っているのだろう。
「平和学習」等と言いながら、その実はスパイ活動に毛が生えた様な活動をしているのでは無いか?
最近、「平和」と聞くと、胡散臭く感じてしまうのは、多分僕の心が曇っている空なのだろう。


そして、引率の先生もこんなピンぼけ発言を。
引率する盧吉相教諭(47)は「辺野古移設は沖縄や日本だけでなく、アジア全体の問題だ。日米政府が移設を押し進めても、人々は闘うことができる」と語った。
全段は正しいが、後段は意味不明だ。
普天間基地の辺野古移設は、基地機能の維持を考えても必要である。そして、その基地機能は日本本土や沖縄だけで無く、周辺の国々、アジア全体に影響がある。
よって、移設することは望ましいのだ。

辺野古への基地移設反対する連中は、韓国の済州島の基地にも反対している。手口は全く一緒だ。
2014_0815_OkiTimes573_00012014_0806_jeju11
左が沖縄の辺野古。右が韓国の済州島。
0d4f593d
辺野古の抗議デモで、何故かハングルが。
これが当たり前の光景になっていることが恐ろしい。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ


0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントを!ハンドルネームは面倒でもお願いします。