テロ組織ISILの新たな要求

二転三転しているな。

操縦士殺害警告=女死刑囚「29日日没までに」移送を―後藤さん音声? ・人質事件

時事通信 1月29日(木)8時57分配信
 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」を名乗るグループに拘束されているフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)とみられる新たな音声メッセージが29日に投稿され、イラク時間同日日没(日本時間同日深夜)までに女死刑囚がトルコ国境に移送されなければ、ヨルダンのパイロットは直ちに殺害されると警告した。後藤さんの画像・映像は添付されていない。
テロ組織ISILは何がしたいんだ。


昨日の後藤氏が釈放されたと言ったような報道は、やはり誤報だったようだ。
こちらでも散々突っ込んだが、不審な点が余りに多いニュースだった。

まあ、それはそれとして、テロ組織ISILの要求は以下のような変遷を辿っている。
  • 人質である後藤氏と湯川氏の身代金として2億ドル用意しろ、期限は72時間だ(1/20)
  • 後藤氏と交換でヨルダンに収監中の死刑囚を釈放しろ(1/25)
  • 後藤氏と交換でヨルダンに死刑囚(リストには27人)を釈放しろ(1/27)
  • 期限は24時間だ(1/27)
  • いや29日の日没までに、女性死刑囚をトルコ国境に!(1/29)
もう、メチャクチャである。


日本政府も対応に苦慮しているようだ。
 イスラム国とみられるグループは27日の声明で、「24時間」の期限を設け、死刑囚と後藤さんの「1対1」の交換を要求。期限経過後に声明を出したのは初めて。岸田文雄外相は29日午前、音声メッセージについて「そういうメッセージが出ていることは承知している」と述べた。
この問題、完全に日本政府の手を離れてしまい、ヨルダン政府の決断による状況となってしまっている。
 ヨルダン国営テレビは28日、イスラム国に拘束されたヨルダン空軍パイロットのムアス・カサスベ氏を解放するため、当局がイラク人のサジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する用意があると報道。その後、ジュデ外相はツイッターで、イスラム国側からパイロット生存の情報が得られていないと述べていた。
ヨルダン政府は、当然ながら自国民を優先する発言をしている。

状況としてはテロ組織ISILの側が期限は延長したが、パイロットの釈放は蹴ったという事のようだ。
交渉の出来ないテロリスト達の末路は、大体決まっている。惨殺されて終わりだ。
テロ組織ISILは、何が目的でこのような駆け引きを行っているのだろうか??本当に死刑囚の釈放を望むのであれば、こんなに交渉を長引かせたりはしないと思う訳だが……。

何れにせよ、日本に交渉の余地が無い状態が続いていることだけは、変化が無い模様。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ

コメント