2015年2月11日水曜日

韓国、口蹄疫アゲイン再び

悪夢再び。タイトルの日本語がおかしな事になっているが……、気にしないで欲しい。

世宗でこっそり出荷した豚、最終的には江原で口蹄疫確定

JTBC | ソングァンギュン | 入力 2015.02.10 08:25
移動の多い旧正月の連休を一週間前に、口蹄疫の拡散を心配するが高まっています。世宗市の豚農家で口蹄疫の疑いのある豚800頭がこっそり出荷されたが、これを酸江原鉄原農場で口蹄疫、確定判定が出ました。
韓国の口蹄疫が、また騒ぎになりそうなのだ。実のところ、韓国の口蹄疫はじわっと広がったり収まったりと、結構頻発している。


参考までにこれが過去(2013年以降)の韓国で発生した口蹄疫の様子だ。
口蹄疫リスト
ご覧の通り、かなり頻発している。韓国の衛生概念はかなりレベルが低いので、防疫体制に問題があってこんな残念な結果なんだが、それでもここの所は蔓延するようなことは無かった。

なんだけれども、今回はまたあの悪夢が再現しそうな予感だ。
……このブログで扱った記事は、赤松口蹄疫の原因となった口蹄疫騒ぎの続編であった。
宮崎県で起こった、日本で最悪の口蹄疫の広がり、それが2010年に起こった赤松口蹄疫事件である。実は個人的には赤松口蹄疫は追いかけていたのだが、このブログではその辺りの話を紹介していない。ブログを始めたのが2010年10月以降だから、2010年4月の赤松口蹄疫騒ぎに触れられていないのは、仕方が無いよね。

まあ、このブログの過去の話はともかくとして、最初に赤松口蹄疫事件について触れておかねばなるまい。

日本の宮崎県で発生した赤松口蹄疫事件、騒ぎの切っ掛けは2010年3月のことだったそうな。しかし、2010年4月以降、その感染拡大は爆発的なものとなり、宮崎県全域とその近隣地域まで厳戒態勢を敷く騒ぎになる。
5月には自衛隊の出動要請。
6月になってようやく鳩が現地入り。
9月頃にようやく騒ぎは終息した。

実は、2010年から2011年にかけて、つまり赤松口蹄疫事件に先駆けて、韓国国内でかなり大掛かりな口蹄疫が発生していたのである。

この口蹄疫のウイルスは、99.85%の確率で韓国のウイルスと同じものだと同定され、悪評高い安愚楽牧場(宮崎県児湯郡高鍋町に子会社があり、2012年に破産手続きがなされている)にはその時期に韓国の研修生を招いていたという噂がまことしやかに囁かれている(実際に、研修生を韓国から大量に受け入れていたことは、日本のメディアによって報道されている)。

実際、安愚楽牧場・児湯牧場は発信地となった川南町に存在し、宮崎県から口蹄疫の問題に対して不適切対応があったとして指導がなされている。

2010年4月24日には、同牧場で半数以上の牛に異常状態が見られるという通報が保健所に出されていたが、病気の蔓延の状況などから安愚楽牧場が口蹄疫感染の初発になった可能性についても言及されている。

この時期に、宮崎の大学から牛の冷凍精液が盗み出されるなど、疑わしい事件が幾つも重なっていた。全部が全部、韓国のせいとは言わないまでも、ある程度関与していた疑いは濃厚である。
ま、証拠は無いんですが。

そして、このブログでも過去に取り上げた2011年の韓国での口蹄疫騒ぎでは、最終的に3300万頭以上もの家畜を殺処分している。

その時の状況はこちらのリンク先の記事にも触れられている。
記事を書いた当初と現在ではブログ記事へのスタンスが少々違うので、読みにくいのは申し訳ないのだが、かなり悲惨な状況だったことは伺い知れると思う。

何しろ、韓国の口蹄疫の対処として、水源の近くに家畜を生き埋めにするなど、杜撰な事をやった挙げ句、水道から血が出てくる騒ぎになったりと、散々な結果に。
それでも、韓国国内で甚大な被害を出して一応終息する。
その後も何度も韓国では口蹄疫が発生しているわけだが……、悪夢再来?というのが今回のニュースだ。
移動の多い旧正月の連休を一週間前に、口蹄疫の拡散を心配するが高まっています。世宗市の豚農家で口蹄疫の疑いのある豚800頭がこっそり出荷されましたが、これが酸江原鉄原農場で検査され、口蹄疫の確定判定が出ました。
なんと、こっそり出荷されたそうな。

もう、この時点で頭が痛い。韓国国内で発生した2011年の口蹄疫騒ぎでも、行政指導を無視した牛の移動などが被害を拡大したからだ。

そして、現時点で800頭の豚が口蹄疫確定となると……、韓国国内では口蹄疫は相当広まっていると見て良いだろう。


対応が杜撰なのはいつものことだが、今回はかなりおぞましい事になりそうだ。
世宗市の豚農家で口蹄疫の疑いのある豚が発見されたのは、過去7日です。しかし、農場主は、子豚800頭を全国の4つの農場に出荷しました。
はい、韓国全土に広がる可能性アリ。
アウトー。

んで、酸江原鉄原農場で検査された結果、陽性反応が出たそうな。
先に近くの農場で口蹄疫が発生したため、豚の移動が禁止された地域であるが、これを破ったのです。
確信犯だよorz


もっと悪いニュースがこちら。
一方、口蹄疫が発生した忠清南道洪城で相次いで不審申告が寄せられ、防疫当局が緊張しています。去る6日、口蹄疫が発生した場所近くの農家で不審申告が入ってきたのです。洪城は、全国最大豚の密集飼育地域です。当局は、緊急防疫措置に入って行きました。しかし、車移動の多い旧正月の連休を控えており、口蹄疫の拡散の懸念が高まっています。
うわぁ、どーすんのよ、これ。

[単独]口蹄疫ワクチン試験どんぶり勘定...「水ワクチン」の供給疑惑

入力 2015.02.10(21:11)修正 2015.02.10(22:08)
<アンカーコメント> 口蹄疫被害を受けた農民たちがワクチン効能が落ちるという主張を続けているのにはそれなりの理由がありました。政府が間違った方法で試験を進行するなど、効能が黒されていない「水ワクチン」を農家に供給した疑惑がかなりの説得力を得ています。
うわー、どうすんのよ、これ。

どうやら、韓国で配っている口蹄疫のワクチン、効果が無いらしいって話。韓国政府のワクチンの性能検査試験が杜撰で信用できないって言うニュースが流れている様なんだけど。
口蹄疫は、すでに全国80カ農家に増えており、「水ワクチン」の農家の不満が高まると、政府は最近、新しいワクチンを輸入して普及してます。
後手後手の対応で、口蹄疫の蔓延に拍車をかけているって事だね。
こりゃ、更に悲惨な結果が出てくる気がするんだが……、韓国の酪農業界はもつんだろうか?

農水省も、韓国での口蹄疫発生情報は補足しているようだけれど、果たして深刻に受け止めているかどうかはちょっと分からないな。
口蹄疫
あ、疑ってはいるのね。そして、口蹄疫の持ち込みは断固として阻止して欲しい。

ただ、農水省が推奨する対応が、何処まで効果があるのやら。
口蹄疫2
こうした指導はでているものの、これが何処まで徹底されるかに尽きるのである。
日本国民にとっては、国内での口蹄疫蔓延は看過できない事態だ。

持ち込まない!持ち込ませない!を徹底する必要がありそうだ。
感染ルートは韓国からだけでは無いんだけれど、特に注意する必要があるよね。

ランキングへの応援クリックよろしく!
人気ブログランキングへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ